電タバ関連つらつらと・・・

電子タバコとか、VAPEとか言われているアイツについて、適当に書いていく、そんなBlogです。

このブログと、アフィリエイトにつきまして

こんにちは。

さて今回は。
まあ、このブログ、「電タバ関連つらつらと・・・」の。
運営について、書いていきたいと思います。

まあ、これね。
afi_wiki2

まあ、「アフィリエイト」というのは。
afi_wiki
てもんらしいです、Wikipediaによると。

たまに誤解されている方もいますが、別にアフィリエイト広告が貼り付けられているページの全てが、いわゆる「マーケティング目的」なのではなく、あくまで「広告をクリックすることで利益が渡る」システムではなく、「広告が閲覧されて、商品やサービスが売り上がった地点で一部利益が還元される」システムである、という感じです。

なので、別に、商品自体を過度に褒めたり、欠点を隠すような記事を書く必要はありませんし。
商品自体に全く関係のないWebページに広告貼るのもOKです。

とはいっても・・・。
オイラも昔、Amazonアソシエイトを、汎用的なWebサイトに貼っていたことが有るのですが。
afi_wiki3
 
・・・ぶっちゃけ、内容に関係のないページに貼る場合は、クリック保証型広告に比べて、収益数分の一になったりするのですわ・・・。

まあ、なので。
アフィリエイト広告主体で、ブログ等を運営する場合は、どうしても、「クリック誘導」を考えるようになってしまい。
結局、サイト構築側が、「許される範囲のクリック誘導」、つまり「商品をポジティブに紹介してしまう」、ことに繋がってしまう、とオイラは考えています。
 *ちなみに、「ここをクリックしてね!」的なクリック誘導文言は、規約で禁止されている場合が多いです。

まあ、特定の商品をポジティブに紹介する、ってことは、、、
・その商品のネガティブな面を書きづらい
・他の商品のポジティブな面を書きづらい
そしてなにより、
・仕組みとか基本的な考察とか入れづらくなる
ことから、このブログでは、アフィリエイト広告の導入は、現状の、ゆるふわに書き散らすスタイルから逸脱してしまう気がするので、やらないことにしました。

特にスマホでアクセスした場合、このブログにも広告が表示されますが、この広告は、オイラの広告ではなく、このブログのプラットフォームである、「ライブドア」さんが挿入している広告になります。

・・・まあなんでこんなお話書いたのかというと・・・。
とうとうウチにも着たのです、アフィリエイトのオファーが。
hil_afi
ちょっとビックリしたのは、HiLIQさんて、独自のアフィリエイト広告集計システムを構築してるのですね、、、。

そしてこのブログ、アフィリエイト広告はやりませんが。
「ヘンな内容になるかも前提な」商品提供は、随時受付中です。
過去にも、いくつか記事を出しています。

リキッドレビュー:Koi-Koi Moon Light
VO Chip レビュー、回路・基板編
18650リチウムイオン充電器/モバイルバッテリの調査

但し、
・記事の目立つ所に商品提供を受けていること
・内容がおかしくなりがちなこと
・特にアトマやリキッドは、チャレンジャブルなこと(オイラぶっきー的な意味で)
な、感じの条件が受け入れられれば、ですが。

PCサイト右に表示される「リンク」も。
こっちから勝手に「無断リンク」してるものです。
いまんとこ文句とか着てないので、そのままにしてあります。

また最近、なんかオイラも、モノ作りが出来る立場になってしまっていますが、この成果物に関しましては、手間賃程度を載せてお頒けすることにしています。
まあ、、、工数かかるしね、許して。

最後になりますが、このブログの運用目的は、オイラの知識整理と、「電子タバコ」という、なんか新しげで楽しげなものの知識を共有して、お互いに知見を深めていきたいな、とか、そんな感じのものです。
現状、お金稼ぎたい!、とか、特定のアレを流行らせたい!、とかは特に考えてません。
まあ、こんな、ふわっとした目的なブログでもよろしければ。
まあ、見てやってくださると幸いです。

以上です。
 

PCレビュー:HYSTOU FMP06-A

こんにちは。

さて今回は。

みんな大好きFasttechで。
だいぶチャレンジャブルなことしたので。
まあ、レビューでも。

こんなんね・・・。
DSC02978


 *ご注意!:
   電子タバコどころではなく、危ないブツです。
   PCに対する挑戦的な冒険心と、充分な知識が無い場合、手を出さないことをお勧めします、マジで。

さて。

まあ、発端は。
Fasttechで、こんなの、見つけちゃったことでした。
ft

 SKU:5879701

軽くぐぐってみると・・・。
「かなりヤバそうなPC」であることが判明。
これは、、、ポチってみましたよ。

2週間程で、到着。
DSC_0571

 お馴染みのSKUなシールが、でっかくてなーんも書いてないダンボールに、ペタっとしてあります。
DSC_0572

中身、、、ドライバーが入ってると思われるメディアが、思いっきりDVD-R!。
DSC_0573

まあ、、、設置場所に移して。

改めまして。
DSC02943
こちらが「上側」。
ヒートシンクっぽくなってますが、実際CPUのヒートシンクです。

パッケージには、何故か営業の名刺が入ってます。
DSC02944

裏はこんなん、既に2.5インチSSDをマウントしてある状態です。
DSC02945
SSDをくっつける隙間はここしかなく、SSDつけると、菱形に開いてる「VESAマウント」が使えなくなりますが。
そもそもPCをモニタの裏なぞに付けないので、関係ない!。

ぱかっ。
DSC02946
ああ、使わないので、無線LANカードは引っこ抜いてあります、最初はちゃんとついてたよ!。

空きパターンがいくつか、どうやらRJ-45で提供されるCOMポートが2コと、CPU FAN用のコネクタが、ノーマウントになってるみたいです。
DSC02947
そして電源LEDが、、、L品じゃなくて、トップ品を使ってます、導光板も無しに!。
これじゃケース内天井を照らす気がしますがまあ、見えりゃいいのよ見えりゃ。

無線LAN、SSD回り。
DSC02948
シルクによると、左がMiniPCI-Express、右がMSATAです。
MiniPCI-Expressは、メモリに被ってるので、ハーフサイズのみ可。
ここにM2なSSDくっつけて爆速でヒャッハー!、は、かなり工夫せんとできません。

MSATAにも、課題があります。
スタッドが固定で、長手方向に移動できないので、「長くて大容量」なMSATA SSDの搭載には、工夫が必要かも知れません。
DSC02950
ブザーが空きランド。
そして、インダクタがちょっとアライメント狂ってる気がしますが、見なかったことにします。

メモリはCrucialな、DDR3L-1600、4GB。
DSC02949
まあ、にせもんじゃないと思います。

SATAは、1ポート搭載。
DSC02954
電源は、5Vのみ供給されている気がします。
まあ、SSDにとどめておいたほうがいいと思います、間違っても7200回転なHDDとか付けちゃいけません。

筐体内には、2.5インチサイズなドライブを一つマウント可能です。
DSC02951
こんな感じになります。
蓋閉める方向ミスると、怪しいことになるので注意!。
あと、付属のSATAケーブルは、L型側がマザーボード側な感じです。

フタを閉めて、外観!。
前!。
DSC02955
USB3が4、USB2が2ポートあります。
 *PenDのシールは、オイラが貼りました。

裏!。
DSC02956
無線LANアンテナ2箇所、LineI/O、LAN、HDMI、VGA、DC-INとまあ、必要充分な感じです。

ただし!。
CPUは、このマザーボードの裏側にいます。
DSC02946

んで、筐体上面に張り付いてて、天板で放熱する仕組みです。
DSC02943

なので、、、「マザーボードがひっくり返ってマウントされている」状態です。
HDMIとか、USBとか、上下逆なので注意!。
DSC02977

さて、ここまではまあ、普通ですが。

まず普通じゃないのが、BIOSです。

BIOSは、起動時DEL連打で入れます。
DSC02957
今時のPCっぽく、UEFIですが。
CPUの「Broadwell ULT」はいいのですが。
チップセット名「Wildcatpoint-LP」は、普通隠れてるもんだと思いますw。

搭載されているCPUは、INTEL Core-i3 5005u。
Broadwell、という、Haswellを14nmにシュリンクした、、、んだけど、開発遅れて後継のSkylakeに追いつかれちゃって、デスクトップ系ではいまいちパッとしなかったマイクロアーキティクチャなCPUです。
 URL:Wikipedia

INTELのARKは、こんな感じです。
 URL:http://ark.intel.com/ja/products/84695/Intel-Core-i3-5005U-Processor-3M-Cache-2_00-GHz
チップセットは、Intel HM96 Expressです。
 *ってINTELのページに無いんだけど、、、MCPだから?。

ファンクションはこんな感じです、CPU最低周波数500MHz!?。
 *5005uは、最低600MHzなはず、そして何故かこのPCは、最低800MHz動作します。
 追記:どーやらWindows10の制限みたい、Windows8.1だと、470MHzまで下がりました、下がりすぎ?。
DSC02959

CPU項目は、中々ステキな感じにコンフィグレーション可能。
DSC02960
これ・・・、ターボブーストのことかな?。
5005uは、対応してないはずなんだけど。

そしてここの設定、最初は「Turbo Performance」になってました。
DSC02961
なんかCPUの速度おちねーな、、、て思ってたら、こんな罠が!。

そしてEIST ( Enhanced Intel Speedstep Technology ) もOFFになってたりね。
DSC02962
まあ、このへん弄って、無事CPU速度が変わるようになりました、とさ。
ファンレスPCでは、入れないと非常にマズいお話です・・・。

そして、Cステート回りの設定が、無駄に充実。
DSC02963
このへん本来は、マザーボードの電源コントローラーとか由来で変わるところだと思うのですが・・・。
下手に弄ると、ぶっこわしそうです。

更にTDPの上書き機能まで搭載。
DSC02964
なんかほんと、やろうと思えば、ギリギリ狙えそうです、やらないけど。

別項目も、見ていきましょう。

ノーマウントのはずのシリアルポートが、何故か生きています。
DSC02965
しかも両方しっかりEnabledだったので、殺しておきました。

その他設定も熱いです。
DSC02966
なんかどれ触っても危ない事になりそうな気配が、ぎゅんぎゅんします。

ドライブ設定も充実、そのへんの普通のマザーより、設定項目多そうな感じ。
DSC02968

いや、、、多すぎです、そもそもこのPC、内蔵MSATAと、SATAポート1つしかないのに、なんで4つあるのよ。
DSC02969

そして本来は多分、INTELからライセンス買わないとEnableできなさそーな各項目も、自在に設定可能です。
DSC02970
ドライブ2コでどうやってRAID10だの5だのやるのかなあ・・・、ポートマルチプライヤ?。

Ethernet回り。
このPCは、Realtek、通称カニさんなGBEが積まれています。
しっかり、Realtekなファームが、UEFIに組み込まれています。
DSC02971

が!、何故キサマもいるんだ!。
DSC02972
*これはINTELのイーサーネットコントローラードライバです、もちろん搭載されとりません。

仮想回りも充実、そしてなんか見えてはいけない項目が、ここにもちらほらと。
DSC02973

いや、このPC、液晶とか積んでないからね!、バックライトとか無いからね!、LVDS端子も無いよ!。
DSC02974

DMI割り込み回りも、波形整形レベルで設定可能です。
DSC02975
このへん本来はマザーボードの配線由来なので、弄る必要ないつーか、ユーザーが弄れちゃいけません。

メモリ回りもステキ設定が。
DSC02976
ECC、、、だと!?。
しかもEnableになってるし・・・。
ECCとは、エラーを自動訂正する機構のコトで、サーバー・ワークステーション系のCPU/システムにしか搭載されとりません。
エラー検出の為、メモリチップが増えるので、割高ですしね。
今回のCPUは、もちろん非対応、のはず。

ああ、写真撮り忘れましたが、一部スティックPCのように、「After AC Power Loss」設定が無い、なんてことはありません。
ちゃんと起動しっぱなしに、設定できます。
また、バッテリー系の項目は、ありません。
BIOSファンクション的にも、無効化されているようです。

まあ、BIOSは、こんな感じ。

まあ、立ち上げてみると、一見普通のWindows10、但しいきなりノンパスな怪しいAdministratorアカウントで入る仕様。

まあOSは・・・。
ver1
深くは語りません。
プロダクトIDは、加工で消してあります、標準で空欄なわけではありません。

ちなみに入っていたWindows10は、初期版でしたが、WindowsUpdate経由で無事、1607になりました。
ver2
一応WindowsDefenderも走らせましたが、変なソフトは入ってませんでした。
最近のアレは、優秀ですね(すっとぼけ)。


まあ、CPU-Z。
cpuz1
ほほう・・・。
当初の噂通り、CPUのSpecificationに燦然と輝く、「(ES)」の文字。
これ、CPUが、エンジニアリングサンプルです。
もういいかげん出てから時間の経ってるCPUなので、何らかの不良品なのかも知れません。
一応、フラグやリビジョンは、製品版と変わらないことを確認。

マザーボードはまあ、未定義状態です。
cpuz2
BIOS日付が、やけに新しい気もします。
ひょっとしたら、頻繁にBIOSアップデートがあるのかも知れません。
が、怖くてアップデートなんか出来ません。

一応SPDも確認。
cpuz3

デバイスマネージャーは、こんな感じ。
devman
UA-25は、後から足してます。
あと、標準搭載の無線LANは、抜いちゃってる状態です。

CPU-Zの、簡易ベンチマークでは。
cpuz4

Core2Duo E8500相当っぽいです。
まあ、 消費電力考えると、優秀だと思います。

負荷かけたりして、電力幅を測ってみたのですが。
hwmon
CPU Packageで、最大7W。
結構省電力かな、と思ったり。
 *BIOSは上記の様に弄り、EISTとか有効にしてある状態で、でのお話です。
 *また測定は、リモートデスクトップ経由です、なのでGPUは死んでます。

まあ、いろんな意味で。
危ないパソコンですが。
楽しく使えそうです。

何より、200ドルちょいだし。
CPU単体の、INTEL希望小売価格が・・・。
  希望カスタマー価格 $275.00
なのにね!。

以上、ちょっと?怪しいPCのレビューな、お話でした。
最後にもう一度書いておきますが・・・。
 *電子タバコどころではなく、危ないブツです。
 *PCに対する挑戦的な冒険心と、充分な知識が無い場合、手を出さないことをお勧めします、マジで。

ま、使い始めちゃったけどね!。
DSC02978


追記:ライセンスについて

まあ、ぼやかして書いてましたが。
ぶっちゃけ、「Windows10 Enterprise」が入っています。

Enterpriseは、標準では、期間限定のライセンスで。
ローカルネット内に、キー管理用サーバを置き、定期的にキーを更新することで、利用期限を延長するタイプのライセンスです。
永続的では、無いのです。
このへんどうなってんのかな、と調べてみました。

インストール状態だと:
li3
*テストに1回使いましたが、猶予期限リセット回数は、1001でした。

あら?、164日でライセンス切れちゃいます。
半年後に使えなくなるのかな?。
と。

日付を一年進めてみると。
li4

あらあら。
KMS(キー管理サーバ)が登録されていないので、この状態で更新すると、エラーになってしまいます。

んで。
li2
おやおや・・・。

まあ、入っているOSは、「半年の期間限定モノ」である感じです。
購入の際は、お気をつけて!。

ちなみに、BIOSにはライセンス情報が無く、標準で入っているKeyも、いわゆるGeneric Keyでした。
li1

まあ気持ち悪いので、入れ替えました、とさ。
li5

以上です。


電子タバコ資材やりとりサイトの構築

こんにちは。

さて今回は。
電子タバコの、資材やりとりを、補助するサイトの構築に。
チャレンジしてみた、顛末を。

結局、こんなん出来ました。
cont16
 URL : https://s.eucaly.net/ecigcont/shop/

さて。

やりたいことは、単純です。
今までメッセージでやりとりしていた、住所とか、発送状態とかのやりとりを、Web上で済ませたい。
そんだけです。
オイラが扱う資材は、在庫を持つ性質のものでは、現状無いので、いわゆる「通信販売」機能は、必要ありません。
が、、、まあ、通販サイト、使えるかなと。

まあ、決済不要で、他サイトと一覧で並べる必要も無いので、Amazonだの楽天だのはもう最初からあうとおぶがんちゅー。
ASPでいけるかな?、と、日頃お世話になっている、電子タバコ通販サイトをさらっと研究してみました。

ぬるしぐさんや、Nexmokeさんは、FC2カートを使ってるみたい。
cont10

Chimera Atomizerは、base.ec
cont11
 
3PCSさんは、stores.jpを使っているみたいです。
cont13

だが、、、当たり前ではありますが。
どのASPも決済前提で、決済から手数料を引くことで提供するタイプか、月額いくら払え的なタイプか。
まあこんな面倒くさそうなの、タダで提供してくれるような、ステキなところは、パッと見ありませんでした。

んじゃ、ASP諦めて、サイト構築かねえ、と。

自前サーバでかっこいいサイト運用しているっぽいのは、Promistさん。
なので、Promistさんを見るも。
cont14
Promistさんは、多分、CS.CARTを使っています、あくまで、多分。
こいつ高機能っぽいのですが、まあSQLとPHP+CSSフレームワークという、かなり骨が折れそうな構成です。
オイラ、PHPもSQLも使ったこと無いので、一から勉強して構築ってのは、ちょっとチャレンジしにくいなあと。

で、ここで。
オイラは使ったこと無いのですが、「Wordpress」という、簡単CMSが割りと便利であるっぽいことを思い出し。
Wordpressベースの、オンラインカートシステムが無いか、探してみたりしました。

・・・ありました、Welcart。
cont15
OK、キミに決めた!。

んが、、、現状、自宅サーバには、「SQL」も「PHP」も導入しておりません。
更に住所扱いたいので、「HTTPS」への対応も必要かなと。
試行錯誤してみました。

そーゆー遊び用自宅サーバは、こいつ。
DSC_0556
ほこりまみれ。

スペックはこんな感じ。
cont07
Xeon E5-2609 16GB Memory。
構築は2012年なのですが、まあ当時からしても、弱めのサーバです。

Xeonてのは、インテルのサーバ用CPUね。
丁度玄関に箱があったので、パチリ。
DSC_0555

我が家は、パソコン通信時代を含めると、20年以上自宅サーバがある構成ではあるのですが。
いまとなっては化石な、100Mbpsな1IPコースでの契約なので。
一つしか無いIPを、分割して使っています。
今までHTTPでのサービスが主だったので、HTTPベースですが。

HTTPは、まずL7スイッチにぶっこんで。
DSC_0562

ゴツいWebアプリと、ゴツくないWebアプリ・静的コンテンツに分けています。

ゴツくないWebアプリと静的コンテンツは、こいつに流し込んで。
DSC_0556

ApacheのProxyでVirtualHostとかリマッピングして、静的コンテンツはMacminiから、、、みたいな構成。
DSC_0557

他、ゴツいコンテンツ用のサーバとか、NFSディスクとか、iSCSIディスクとか散乱してますが。
全体的には、0.5KWくらいの構成です。
DSC_0563

まあ、今となっては、かなりショボいサーバ構成だなあとかね。
仮想でもありませんし。

まあ、まずはWordpressを入れてみますか。
どうやら構築には、PHPとSQLが要るみたい。
入ってないので、まずは。

OSのアップデートから!。
cont05
放置しすぎてて、FreeBSD 9.0Rのまま運用してたので。
make worldが2回走るという、恐ろしいアップデート具合で、無理やり11.0Rにまで上げました。
 #って実際はfreebsd-update でやってますよ!。

ついでにApacheを2.2.31にアップデート!。
cont09
・・・しようとしたら、どうやらFreeBSD 10Rからコンパイラが変わった影響で、コンパイル通らず。

仕方なくGCCをコンパイル、やだー!。
cont04
ステージ1が走り始めたところで外出、途中止まってたらどうしようと思ってましたが無事終わりました。

んで、一部ライブラリをコピったら、無事Apacheコンパイル完了。
さくっとインストール、このApacheは、deflateとproxy用のApacheです。

次に、Wordpress環境の構築。
オイラ初心者なので、PHP対応Apacheや、SQLのコンパイルは、だいぶ敷居が高いので。
こいつらはPortsから導入しました。

こんな感じ。
cont17

導入したのは、Apache2.2.31 with PHPとMySQL。
そうです、、、このサーバは、「Proxy用Apache」と、「Wordpress用Apache」の、同じバージョンが違うポートで動く、という変態構成になるのです、、、。

まあ、無事動き出しました。
cont20


更に、HTTPSにも対応したいな、と。
こっちはPoundというProxyで受けてやろうと画策。

まずPoundをコンパイル!。
cont0a
なんか結構warning出ますが、なんとか動くようになりました。

で、HTTPS使うには、SSL証明書が必要です。
これ、クライアントのブラウザが持っている、「ルート証明書」に紐付いた奴じゃないと、アクセス時に警告が出てしまいます。
いわゆる、「オレオレ証明書」ね。
でも、、、まともなSSL証明書は、結構高いです。

なので、最近サービスが始まった、「Let's Encrypt」という無料SSL証明書サービスを、使ってみることに。
cont18

ふつー、SSL証明書を取得するには。
秘密鍵と公開鍵を自分で作り、それを発行者に送って、発行者はこちらが正当なドメイン所有者であることを確認の上でSSL鍵を発行してもらうのですが。
Let's Encryptは、サーバ上でスクリプトを動かして、このへんを自動的にやらかしてくれる、そんなサービスです。
が、証明書の有効期限が短いので、更新手続きが必要です。
んで、証明書をPoundで使うには、証明書の連結とかが必要です。
更に証明書を更新した後は、プロセスの再起動が必要だったりします。

このへん仕込んで・・・。
cont0b

実行!。
cont01
おお!、緑になってる!。

ちょーっと、後述のWordpress的な問題で、何度か証明書を取り直していますが、無事動くようになりました。

まあ、コンパイルモノは、ここまでな感じ?。
一応プロセスと割り込み負荷を確認。
cont06

うん。
httpdの起動ユーザーが違うのが混じってるのが、きもちわるいw。

で、割り込みは・・・。
cont08
怪しい感じではないので、このままいけそうです。

後はまあ、Wordpress。
初めて使うけど、PHPとSQLさえちゃんとセットアップされていれば、スクリプトを突っ込むだけで動くのね、これ確かに便利だわ。

phpmyadminとか入れてないので、データベースは手で構築して・・・。
cont19

Wordpress上でプラグインとか適当に設定、カート、動き出しました!。
cont02

実はWordpress、絶対URLでHTMLを吐くという、困ったクセがある上に。
HTTPS環境でも、HTTPでのアクセスを吐くという、更に困ったクセがありやがりました。
mod_substituteやmod_rewriteで内容だのヘッダだの書き換えて無理やり動かそうとしたのですが、どーしても画像プラグインの自動生成URLが書き換えられなくて。
しかたなく、HTTPSとHTTPを、同じVirtualhostでアクセス出来るように設定を変更。
お陰で構築中に何度かURLが変わり、Wordpressは数回初期化してたりします。

まああとは、設定して。
cont03
「支払い方法」のところを、SNSアカウント選択にするという暴挙。

画像入れ替えて、完成。
cont16
 URL : https://s.eucaly.net/ecigcont/shop/

まあ必要最低限な適当な感じだけど、無事動き始めて、なによりです。

とりあえず、「アクリルMOD」の受注を、こいつではじめてみました。
cont21
Twitterで手持ち部材で出せますよー、て書いたら、即売り切れになっちゃったので。
部材発注が必要なのですが、それの数読み用です。
11月26日に締める予定ですので、ご入用の方は、お早めに。

なお、価格上がっちゃってますが、もともと赤字だったのと、更にハーネスを高級品導入したので、、、更に上がっちゃったのです。
まさかのオヤイデ製オーディオ用高級電線を導入予定です。
DSC_0551

無事やりとりなサイトが構築できたので、今後まあ、色々やりやすくなるのかな?とは思います。

以上、まあ。
自分の作業メモ的な感じですが。
まあ、たまにはこんなのでも、許してくださいな。

以上です。

livedoor プロフィール
電子タバコ関連を、適当にまとめています。
リンクなどご自由に。
各記事の正確性は、イマイチ怪しいです、丸ごと信じちゃいけません!。

連絡などは、Facebookでどうぞです!。
facebook.com/eucalyhome
一応Twitterも始めてみました。
twitter.com/eucalyecig

eucalyptus. [ ゆうかり ].
On eucaly.net


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ