電タバ関連つらつらと・・・

電子タバコとか、VAPEとか言われているアイツについて、適当に書いていく、そんなBlogです。

メカMODチャートの作成

こんにちは。

さて今回は。
メカMODで、オイタするときの注意点と。
まあ、まとめたチャートを、作ってみました。

こんなんね。

カレントチャート

まあ、解説していきますー。

さてそもそも。
元々、電子タバコをリビルドするとき・・・。
「0.3オーム以下のビルドなんて、死ぬ気?」とか。
言われています。

yuuc

んが。
まあ巷では、メカMOD用に、0.1オーム切るようなビルドをやらかしてたり、してますよね。
merebuild


この辺になると実は、「電池が放電する電流値」よりも、気にしなきゃならんとこ、あるのです。

それは、「MODの発熱」。

まあ、「MODの抵抗値」と言ってもいいでしょう。

そもそも、「MODによって強さが違う!」とか、MOD自体の抵抗値がMODによって違うから起きているのですが。
まあ、そんなお話です。

まず。
電池は、「取り出す電流由来」で爆発したりするのではなく。
「発熱」によって爆発します。

電池は内部抵抗を持っており、内部抵抗の発熱がヤバい=最大許容電流、となります。
モノが発熱なので、「連続放電」と「パルス放電」で、許容できる値が変わるのですね。
そのへんは、こちら:
 URL: http://ecig.eucaly.net/archives/12744477.html

で、もちろん、MODにも抵抗成分があります。
勿論数オームとかそういう単位ではありませんが、まあ少なく見積もっても0.02ohmくらいは抵抗成分を持っているみたいです。
もちろんMODの構造によっても、異なります。
そのへんは、こちら:
 URL: http://ecig.eucaly.net/archives/12615193.html

で。

電池+MOD+アトマイザーコイルは、「直列」に繋がっています。
なので、電流は変わらず、電圧がそれぞれの抵抗値によって変わってくる感じ。
例えば、電池+MODが0.1ohm、アトマイザーコイルが1ohmで、18650を1本使いのメカMODの場合。
全体は「4.2V」の電圧がかかり、それが「0.1+1ohm」、つまり「1.1ohm」の抵抗を受けて流れてる感じ。
なので電流は、オームの法則より、「I=V/R」、つまり「4.2 / 1.1」、まあ「3.8A」流れます。
電池+MODは0.1ohmなので、電圧的には「V=IR」から「V=3.8 x 0.1」、「0.38V」。
アトマイザーは1ohmなので、「V=3.8 x 1」、「3.8V」かかります。

発熱的には、電力「W」は「電圧x電流」なので。
電池+MODは「1.4W」、アトマイザーは「14.4W」になります。

・・・結構、実は、MODと電池で消費しちゃってたりするのです。

なので、ありがちな、こんなチャート。

bchart
結果的にウソになっちゃってるので、ご注意を。
1Ωんとこ、「4.2A」になってるけど、電池+MOD抵抗値が0.1Ω乗ってると、上記の様に「3.8A」になるので。
特に、低抵抗領域だと、このまま信じるのは危険です。

さて。

特に低抵抗領域に着目したのが、以下のチャートです。

カレントチャート

チャートY軸、左側が「電池+MODの抵抗値」。
チャートX軸、下側が「アトマイザーコイルの抵抗値」です。

チャートは3つあり。
上から、
「バッテリー放電電流」
「電池+MODの消費電力」
「アトマイザーコイルの消費電力=実際の出力」
になります。

電圧は4.2V、つまりリチウムイオン電池1本で計算しました。
負荷による電池電圧の低下は、電池の内部抵抗由来なので、除外してあります。

電池とMODの抵抗値ですが、大体以下な感じを想定

0.05 ohm : 新鮮な電池に、本気なMOD(銀コンタクト+厚めの銅ボディとか)
0.08 ohm : 普通のメカMOD (22mm径のステンMOD的な)
0.1ohm : ラフに使った場合 (端子の掃除サボったりね)
0.2ohm : 構造が複雑なメカMOD (テレスコだったり、スタビ巻きついててボディが薄いのとか)

電池は、みんなだいすきUS18650VTC4が、まあだいたい最大0.02ohmくらい。
へたってくると0.035ohmくらいになります。
電池+MOD抵抗値なので、電池の内部抵抗は加算されている状態、てイメージ。

危険領域として、電池放電が25A以上、電池+MOD発熱量が30W以上に、赤く色つけておきました。
また、「実際の出力」がかなりブレておりますが、これが「このMODが強い!」現象です。

まあオイラは、あんまデザインセンスないので、こんな感じで。
ご参考になれば!。

以上です。

YiHi SX550J搭載MODの注意点

こんにちは。

さて今回は。
ツイッターで、質問を受けたので、答えをまとめていきたいと思います。

こんなんね。

01t

さて。

質問を受けた内容は、「こいつBluetooth搭載してっけど、日本で使っていいの?」です。
調べてみましたとも。

現状の結論としては:
 ・技適通ってないので、日本ではBluetooth使えない
 ・YiHi社の「MOD」に関しては、Bluetooth SIG認証を通っているため、BT OFFすれば余計な電波
  出さないので、使える
 ・「SX-550J」に関しては、Bluetooth SIG認証を通っていないため、BT OFFしても余計な電波出さない
  確証が取れない、電波法違反の可能性があるので、日本では電源入れちゃダメ。

 な感じです。

まず日本では、前提として。

電波発射する系デバイスのうち、あまり本気じゃないものは、「技術適合証明」を受けなければなりません。

a01

まあ、いわゆる「輸入もんのスマホついてないけど大丈夫」とかそんな話によーあがる、アレです。
電波にまつわるお話なので、これ取得していないと、別ルートでゴニョらない限り、「使ったらアウト」です。
電波法違反!、個人輸入が許されてる薬事法なニコチンとかと違い、がっつりアウトです。
まあ、罰則とかが微妙だったり、実際問い合わせてみたら「使わないで」とお願いされるレベルだったりしますが、違反は違反です。

また、電波は国民の共有財産。
ひっくり返せば、各国で認証が違うので。
「アメリカOKだから日本でもいいだろ!」は、NGです。

これを前提として。
さらにBluetoothロゴつけて、「これはBluetooth対応!」と謳うには。
Bluetooth SIG認証の取得が必要となります。

a03
技適はあくまで、「規定エネルギーをちゃんと出しているか、余計な電波出してないか」な認証なので。
「Bluetoothとして接続とかOKか」とかは、Bluetooth SIG側のお仕事になります。

さて。

では、YiHi SX-550Jですが。

まず、YiHi社が出しているMOD「G Class」等があります。
y01

これは、製品紹介ページを見ると・・・。

t02
どうやら、Bluetooth SIG認証は取っているみたいです。

実際にBluetooth SIGにいってみて。

t03

右上、「製品を見つける」から、YiHi社のDeclaration ID、「D033623」を入れてみましょう。

t04
QDIDから、TIのBluetooth4.0対応のチップ、及びRF系のチップセットを使っていることが分かります。
また、登録製品として、「G / M / T / ML / Q Class」「Q / G mini」、及び「MT」があることが分かります。
Class、及びminiは、YiHi社のMOD製品、MTは不明ですが、多分将来的なMODかな?。

まあ、なので。
YiHi社のMODは、「Bluetooth SIG認証を受けている」ことが確認できます。

しかしながら。
YiHi社のSX-550J基板は・・・。

s01
製品ページに認証のことは記載されておらず。

データシートにも、BT認証のことは記載されておりません。

s02

つまり、調べた限りでは、SX-550Jは、「BT認証通ってない」と考えられます。

ちなみにどちらも、「日本の技適」は通過した証拠を見つけられなかったので。
日本でのBluetooth使用は、NGだと思います。

で。SX-550Jですが。
レビュー動画などを参考にする限り、認証されたBluetoothモジュールを、使用していません。

s03
親指んとこ、液晶左下の斜めになってるのがBletooth基板ですが。
特に認証系のシールやIDが記載されていないことが分かるかと。

なので、使用しているチップが何か、素性は何か?、調べることは出来ません。
勿論、G Classと同一、とかも言えません。

G Classなどは、Bluetooth SIGの認証は通っているので、「BT OFF時に余計な電波を出さない」確証が持てますが。
SX-550Jの場合、認証などの論拠が無いため、「BT OFFしてもBT的な電波を出さない」確約が取れないのです。

ちなみに。
a02
こんな感じなので、「使ったら販売元じゃなくて使った人が罰せられる対象」となり、「各国毎の認証が必要」なため、海外で使えるからOK、という論理は、通用しません。

もちろん、個別に技適を取れば、日本で使えます。
Bluetoothのロゴを記載しないのであれば、Bluetooth SIGの認証は必要ありません。
ですが。
m01
特にハイエンド系MODとかは、「少量多品種」となるため。
技適をいちいち、取り直さないとダメな感じです。

もしくは、ハードウェア的に、「Bluetoothを載せてない」のであれば、日本で使っても問題ありません。
それは、電波法規制対象外になるから、です。

最後に:
可能性として、Bluetooth SIGの「MT」が、「部品がマウントされた基板」、つまり「SX-550J」を指しているとしたら。
モジュール単体でのBluetooth SIG認証が通っていることになるので、Bluetoothを切っていれば、日本での使用に問題は無いと思います。
が、その確証が取れませんでした。

まあ、SX-550J搭載MODを導入する際は、くれぐれも気をつけて下さいな。

以上です。

参考URL:
 Bluetooth Technology Website
  URL:
https://www.bluetooth.com/ja-jp
 
Bluetooth無線に必要な認証(電波法・Bluetoothロゴ認証)について
  URL: http://www.musenka.com/info/musen/auth.html
 SXmini G Class
  URL: http://www.yihisxmini.com/productview/61.html
 YiHi SX550J
  URL: http://www.yihiecigar.com/productview/54.html

クローン、ダメ絶対!

こんにちは。

さて今回は。
電子タバコ業界を何かと賑わせている、「クローン」につきまして。
注意喚起したいと思います。

えぇ、絶対ダメだと思います、リキッド系は。

さて。

まあ、現状の電子タバコは、中国発祥。
中国は、諸外国に比べ、多少独特な商習慣があり。
まあ、諸外国から見ると、「偽物」が流通しやすい環境にあります。

なので、まあ、電子タバコ業界でも。
「クローン」だの「スタイルド」だのが、話題になりがちなわけですが。

それは、機構・電子部品ベースだけでのお話では、ありません。

まあ、黎明期から、「リキッドの偽物」も、出回っていたりします。

Liqua Ori1

さて。

そもそもなんで、クローンだの、つまり偽物が発生するのか?。

まあ、中国特有の事情として:
・生産を依頼された工場が、余剰品や検査落ち品を横流し
・工場が図面を共有してしまい、技術流出
・製品を計測し、独自に図面を起こしてコピー

なんてことが、起きがちですが、そもそも。
・開発費用などをカットできる
・「ブランド価値」に相乗りできる
・品質保証を「本物」にやらせることで、回避できる
・材料や加工を低品質なものに差し替え、差額を得ることができる

あたりの「得する事情」があるかと。

で、、、。
もちろん、単なる金属の筒が何万もする製品に化けたり、百数十円で生産できる基板が数千円に化けたり、廃棄ノートパソコンから抜いた電池が、値段的には新品に生まれ変わったりするのは、十分魅力的ではありますが。

リキッドも相当、魅力的な世界です。

例えば30mlで3000円する高級リキッドは・・・。
5c3c91c5
1mlあたり0.10.7ドルくらい、つまり、医薬品であるペニシリンより高かったりするのです。
 *上記グラフは、昔ニュース的なとこで流れた、「高い液体ランキング」のうちの一つです。

ご存知の通り、リキッドは、ほぼグリセリンかプロピレングリコール、そして少しの香料や薬剤、あとパッケージとかです。

グリセリンやプロピレングリコールは、まあ量を買えば、1ml、1円以下でしょう。
これに、ほんの少しの香料足して、それらしいパッケージに入れてしまえば、価値は10倍とかに跳ね上がるのです。

ですがもちろん、リスクがあります。
上であげた、まあ「得する事情」を引っ張ってきましょうか。

・開発費用などをカットできる
 →正規のリキッド屋さんの「開発費の回収」「次製品の開発費」などがなくなっちゃう。
・「ブランド価値」に相乗りできる
 →いわゆる製品レビューとかを信頼できなくなっちゃう。
・品質保証を「本物」にやらせることで、回避できる
 →自分とこで作ってもいない「製品」に対する対応工数を割かれてしまう
まあ、ここまでは、「本物作ってるとこ」が被る被害です、が。

・材料や加工を低品質なものに差し替え、差額を得ることができる
 →何やらかされてるのか、わかったもんじゃない
ここは、実際に偽物品を使う上での、リスクになります。

電気製品であるMODやアトマイザーは、まあ注意深く観察すれば分かります。
低品質なものや、加工精度に問題があるものも、直したり、だましだまし使うことで回避することも可能でしょう。
まあショートからのバッテリー爆発コースなども考えられますが、それも注意深く確認することで、リスクを減らすことができます。
物理的な加工精度とかの問題は、目に見えますからね。
電気製品で目に見えないところ、例えば基板に載ってるソフトとかもまあ、大電流を扱う以上、「やらかしたら壊れて通電しなくなる」方向に傾く可能性が高いですし。
メカニカルやアトマイザーの場合、ソフト介入要素、ありませんしね。

ですが、リキッドは、ユーザー側から、観察することが、非常に難しい製品です。
リキッドの分析には、ガスクロマトグラフィーだの、高度な検査が必要ですが。
まあ、高い!。

そして、健康被害に直結します。
極端なお話ですが、例えば香料の溶剤として、エタノールの代わりにメタノールやトルエンとかつかわれてたら?、とか。
アマトキシンたっぷりの毒キノコが生えちゃってる井戸から汲み上げた水でボトル洗ってたら?とか。
日本人が強烈に嫌いな思想持った人が、いつかのギョウザみたいに、故意に農薬とか混入させたら?とか。

さらにそんなんを、「経口」ではなく、「肺」に入れてしまう行為。

もうね、危なさ、マックスだと思います。

リキッドは、輸入するにせよ、通販で買うにせよ、お店で買うにせよ、個人間取引するにせよ。
必ず、信頼できるところで、入手するようにしてくださいな。
こればかりは、自分の体を守ることに、直結しますので。

まあ、信頼できるところか見分ける、単純な方法は・・・。
・分析センターなどの分析結果書面があること
・メーカー直、あるいはメーカー指定の窓口であること
・信頼できるお店であること
・信頼できる個人であること
あたりだと思います。

くれぐれも、相手がわからないような匿名性の高いフリーマッケットやオークションなどで入手したりは、いくら安かったりしても、避けた方がいいでしょう。

以上です。
livedoor プロフィール
電子タバコ関連を、適当にまとめています。
リンクなどご自由に。
各記事の正確性は、イマイチ怪しいです、丸ごと信じちゃいけません!。

連絡などは、Facebookでどうぞです!。
facebook.com/eucalyhome
一応Twitterも始めてみました。
twitter.com/eucalyecig

eucalyptus. [ ゆうかり ].
On eucaly.net


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ