電タバ関連つらつらと・・・

電子タバコとか、VAPEとか言われているアイツについて、適当に書いていく、そんなBlogです。

evolv DNA75color 現地点でのレビュー

こんにちは。

さて今回は。
evolv社の期待?の新作、DAN75 Colorを。
オイラなりに分析してみたいと思います。

こんなんね。
dna75c1

さて・・・。
オイラは最近、貧乏暇なし状態なので。
あんま情報を集められていないのですが。
どーやら1ヶ月ほど前から、テスターさんに配られてるみたいで。
ぼちぼち、レビューとか上がってるみたいです。
んが!。

データシートみつからなああああい。

なので、主にprotovaporさんの販売ページと、あとeScribe回りから、仕様を推察してみます。
えぇ、、、間違えてる可能性が、多々ありますとも。

さて、まず外観。

dna75c1

いやあ、カラーなディスプレイ、大きいねえ!。
って、本体も、太ってなあい?。
・・・どーやら20mmくらいありそうな感じ。
 ・・・ってごめん、ボタンが縦マウントになってるので、今まで通り19mmに納まってる予感がする・・・。

そして、メニュー遷移用のボタンが、2つから3つに増えています。
外付けボタン用のネットは、どーやら左2つがFire、そして右の4つがメニュー用。
4つしかないので、歴代DNAとは異なり、「3つのボタン+GND」構成な気がしています。
それぞれに対して今までは2本ずつ配線してたのが、それぞれ1本+共通配線1本な感じ。
FireはSleep状態のCPUを叩き起こす役目があるため、別配線なのだと思います。
あ、まだGNDで確定してるわけじゃないので、シャーシとボタンの絶縁は、気を使ったほうがいいと思いますよん。

CPUは、安定のATMEL、ARMベースの32bit、まあ48MHz動作でしょう。
このへんは歴代DNAと変化無いように見えます。
基板は貫通基板で、外付け配線用のランドも、今まで通りスルーホールですね。

ああ、しっかり、Fireの下に、LEDが見えます。

さて、スペックを見てみますか。

dna75c2
DNA75に対する大きな変化点があります。
TFT?4ボタン?いえいえ。
「9V昇圧まで対応」部分です。
DNA75は、6.2V程度までしか昇圧できず、高抵抗+大電力の運用に、難がありました。
今回この辺、改善されているみたいです。

ほかは特には変化ありません。
DDCとしてのDNA75とDNA75Colorは、まあ制御系も含めてほぼ一緒かなと。
昇圧除いてね。

では、eScribe。
dna75c3
バージョンが2に上がりました。
とはいえ、項目に「DNA75 Color」が追加されただけで、元のDNAシリーズのプログラミングにも対応してそうです。

が!。
eScribeは、まあちょこちょこ、変化点があります。
みていきましょうかね。

まず、メイン画面。
dna75c4
今までテーマにあった「ロック遷移」がここに移っています。
また新機能として:
 ・最大パフ時間設定 (多分1パフ10秒のアレを弄れるんだと思う)
 ・自動ロック設定 (設定分以上放置でロックかかるんだと思う)
 ・ロック遷移設定 (まあパフスイッチ何回クリックでロックすっか)
 ・ロック解除シーケンス設定 (ロック解除時、ボタンの組み合わせを指定できるみたい)
  ・例えばFFDDUUSS にしたら、パフ2回、下2回、上2回、セレクト2回でロック解除、みたいな
 ・アイドル時自動ロック (なんかWindows設定みたいw)

まあ、こんな感じ。

テーマ設定はシンプルに
dna75c5
予めコンパイルされたテーマファイルを適用する感じになっています。
テーマファイルの「テーマデザイナー」で作れそう、これはまあ後回し!。

表示設定は、こんなん。
dna75c6
今回、時計が内蔵されてるみたいで、まあそれの12/24切り替えがいます。
時計はeScribe同期時に自動設定みたいよ(フォーラム情報)。

デバイスモニターは多分、DNA75Color側で表示できる新機能な気がしています。
グラフとか、表示されるんじゃないっすかねえ・・・。

MOD回り。
dna75c7
1セル対応なので、バッテリー種類はシンプルに「18650」と「リポ」だけ。
まあ26650だの20700だの使いたいときも、18650設定でいいんじゃないかな。

ボタンが増えてるので、まあボタンアサインも増えてます。
dna75c8
なんかいつのまにやら、MOD抵抗値とかにデフォルト値が設定されるようになってるねえ。

さて、テーマデザイナー。
これまた気合が入っている機能です。
dna75c9
各画面に対して、フィールドを細かく定義して、画面を自由に作れるみたい。
グラフとかもおける感じねえ。
気合入れれば「キャラが喋るみたいなの」だの、「横書き」だのイケそうな感じです。

LED設定もこちらに。

dna75ca
まあ、はいえんどもどな皆さんは、ここ触らないと、光っちゃうよ!。

そして今まで画像ファイルで設定していた、各種I/Fの設定は。
dna75cb
テキストベースになるみたい。
自由に文言を設定できる感じです。
日本語も対応しているのかな?。

まあ、駆け足ですが、現時点では、こんな感じ。

まあぶっちゃけ、1セル運用の限界点は「80W」前後な感じ。
各社の基板やMODをみても。
電力制御から始まり、TCも実装され、まあ、電気操る部分の進化は、頭打ちな印象で。
あとはパフ時のシーケンスだの、TCの工夫だのといった機能的な部分と。
表示回りだのボタン周りだのPCやスマホ連携だのの、加飾的な部分の進化に。
向かってっている印象です。
まあ、、、電子タバコの基本的な部分は、あまり変化しないけれども。
そんなところに魅力を感じるのであれば、導入を検討してみてもいいと思いますよん。

・・・勢いでアレしてみたけど、触る余裕あるのかなオイラ・・・。

dna75color_order


以上です。

クラウドでバトルしてみる的な、機材開発について

こんにちは。

この4月から、まともな社会人的な物体になってしまい。
色々余裕がない感じの、昨今ですが。
まあ、適当にやらかしていきますので、、、のんびり、よろしくです・・・。

まあともかく。
今回は。
「ケムリの濃度を数値化できたら楽しくないか?」的なことを。
やらかしていこうと思います。

まあほら、特に、「お前は加湿器の全力運転か!」てくらいケムリ出す系の方々に、蛇蝎の如く嫌われている存在。
DSC03240

つまりこいつを、もっと遊べないかなとw。

さて。

会社のお昼休みに、いつもの秋月で、さらっと部材を購入。
Screenshot_2017-04-28-08-19-42

えぇ、「ほこりセンサー」なるステキ物体が、あるのです。
どーやら空気清浄機とかに組み込んで使うものらしいのですが。
今回は、コイツの出力を、単純に遊んでみようかと。

まあ、八潮から船橋なので、そりゃすぐ着きますわな。
DSC03239

中身はこんなかんじー。
DSC03241

主役のほこりセンサー!。
DSC03242

と、制御回り。
DSC03243

今回は、7セグなLEDにも挑戦してみたいと思います。
ホコリセンサーの制御はアナログ。
LEDは、マトリクスLEDドライバな「HT16K33」を使い、ダイナミック接続な7セグLEDユニットをI2C制御する感じで。

まあ、さくっと。
DSC03244

ハンダして。
DSC03245

いい加減使い古したブレッドボードに。
DSC03246

サクサク挿していきます。
DSC03247

ホコリセンサーは、ハーネスにピンヘッダぶら下げて、マウント。
DSC03248

まあLEDから、配線してみたり。
DSC03249
・・・ダイナミック接続とはいえ、配線多いな・・・。

まあ、転がってたマトリクスLEDなスケッチをインポートして、動作確認。
DSC_1078
いけそうね!。

まあ、、、でも本来8x8とかのマトリクスLED用を、無理くり7セグに割り当ててるので。
ビット解析して、数字作らないといけません。

まあちょこちょこ動作確認しつつ、数字回りもなんとか。
DSC_1080

いよいよホコリセンサー!、ってところで。
抵抗とコンデンサ無いことに気づき、まあ買い出しへ・・・。
DSC_1081

うーん、今の職場用の定期を使いまわすと。
船橋→秋葉原 だったルートが。
京成海神→日暮里→秋葉原 になり。
多少アレw。

まあ、色々買ってきました。
DSC03253

抵抗とコンデンサ、あと謎のファンとかね。
DSC03254

適当にネット漁りつつ、ぽちぽち部品を挿していきます。
DSC03255

うんまあ、できたかんじ。
DSC03256

これまたネットに転がってたスケッチをインポートしてみて。
DSC03257

それなりに無事に動いているっぽい感じ!。

本来であれば、PM2.5測定だのなんだの、面倒くさい演算式が必要な感じですが。
思いっきり生データを使ってしまうことにしますw。
まあ、遊びだしね!。

どーん!。
DSC03258

動いた!。

いまんとこ、緑は現在の値、青は最大値を表しています。
DSC03263

ここの、ホコリセンサーに、ぷはーってやると、値が上がっていきます。
DSC03265

なかなか、楽しげ。
DSC_1080

動画だと、こんな感じ。


(うまく貼れてないかも、以下URLでお試し下さいな)
 https://youtu.be/g6hemGjSEbc

まあ、まだこうアレですが。
配線ぐっちゃり、だしね。
今後、ちゃんとハコにナイナイして。
なんかこう気軽に遊べたら、楽しいなと!。
以上です。

電子タバコを安全に使用するための、チェックポイント

こんにちは。

さて今回は。

「電子タバコを安全に使用するための、チェックポイント」の。
ここ最近のウチのBlog編を、お送りします。

まあ、バッテリーやMOD回りに、偏ります。
01_total

個別の記事ポインタは置きませんが、気になったら過去ログ参考のこと!。

1.MODが暖かくなる運用は、行わないこと
h02

 ・バッテリーの危険温度は、実験によると150度前後です
 ・MODの構造の都合により、抵抗値が高いところがある場合があります
  ・スレッド部分
  ・スイッチ部分
  ・テレスコ機構部分(バッテリーサイズ調整用含む)
 ・バッテリーが熱的に接触している部分の抵抗値が高い場合、集中的に発熱し、バッテリーに熱を与えます
 ・バッテリーは「一部が」熱せられても危険です
 ・MOD自体はデカいので、熱が逃げて「暖かい」認識でも、バッテリーにシビアに熱がいっている可能性があります、要考慮!

2.「MODの抵抗値」も考えての運用のオススメ
h01

 ・MOD自体も、抵抗値を持っています
 ・完璧にセットしてある、通電性に優れたMODで
  ・銅 0.03Ω
  ・ブラス 0.03Ω
  ・ステンレス 0.05Ω
  ・複雑な構造のMOD 0.2Ω 
  以上あると考えておくと、比較的安全だと思います。
 ・接触やメンテナンスも重要です
  ・サビ 0.2Ω
  ・スレッドを締め切らない 0.05Ω
  ・510スレッドのスペーサー 0.05Ω
  以上の影響があると。
 ・ 特にスレッド単体での通電性は、かなりシビアです。
  スレッドのみで通電性を確保しているMODの場合、くれぐれもご注意を!。
  チューブの壁部分の接触が、かなり重要です!。
 ・電池の内部抵抗は、18650なハイレートバッテリの場合、「0.03Ω」と考えておくといいと思います。
  パラ運用の場合は、電池の内部抵抗を、パラ数で割って下さいな。
 ・以上を踏まえ、例えば・・・
  シングルバッテリ、ステンレス、 単純な構造のMOD:0.05 + 0.03 = 0.08Ω
  上のを隙間空いた状態でセットアップした場合: 0.08 + 0.05 = 0.13Ω
  デュアルバッテリ、銅、単純な構造のMOD:0.03 + (0.03 / 2) = 0.045Ω
  てな感じで定義するといいと思います。 
  ・MODの抵抗値と、ビルドした抵抗値の比で、「MODの発熱」「アトマの発熱」の計算が可能です。
 ・MODの発熱
  g1sm
 ・アトマの発熱
  g1sc


  ・テクニカルMODの場合、「出力するW」を、コイル抵抗値と読み替えて下さい。
  テーブルは以下な感じ。
  tec
 ・個人的には、「MODが20W以上発熱するビルドは危険」だと思います。
  くれぐれも、お気をつけて!。

・まとめると
 単純です。
 ・イマドキのMODで、メカニカルで0.25Ω以下、テクニカルで30W以上運用時は、かなりムチャしてるので、くれぐれもご注意を!。
 です。

まあこんな感じ!。
安全で楽しい電子タバコライフを!。
 
livedoor プロフィール
電子タバコ関連を、適当にまとめています。
リンクなどご自由に。
各記事の正確性は、イマイチ怪しいです、丸ごと信じちゃいけません!。

連絡などは、Facebookでどうぞです!。
facebook.com/eucalyhome
一応Twitterも始めてみました。
twitter.com/eucalyecig

eucalyptus. [ ゆうかり ].
On eucaly.net


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ