こんにちは。

さて今回は。
部材到着から1週間。
だいぶオームメーターのソフトが仕上がってきたので。
JIG作って。
機能テストも兼ねて、機能紹介をしていきたいと思います。

現状、こんなんです。
DSC03102

ご注意!
 これは、一般的なオームメーターではなく、「4線交流絶縁測定方式」なオームメーターです。
 なので、絶縁確保しつつ、バッテリーの電圧とは別に抵抗値を測れますが。
 一般的なオームメーターやテスターでは、出来ません。
 最悪、バッテリーショート→事故コースになります!。
 くれぐれも、ご注意下さい!。


 まあ、起動するとこんな感じ。
DSC03103

現状スプラッシュスクリーン付けてますが、既にフラッシュメモリの92%とか使っているので、今後どうなるか予断を許しません・・・。

EUT、測定機器は、こんな感じに接続します。
DSC03104

電流と電圧を別々に測る、「4線測定式」なので、線が4本です。
まあ、やりざまは、Wikipediaとか見てくださいな。

 参考URL:四端子測定法 - Wikipedia

起動後、デフォルトだと、抵抗値表示モードになります。
DSC03105

左上のバッテリーメーターは、電源電圧(リチウムイオン1セル想定)。
右上はキャリブレーション/MOD抵抗の設定値。
中央が抵抗値。
下は、設定されたMOD電圧に従い、電力、電流、及び設定電圧を出しています。

上下ボタンで切り替えることにより、表示を入れ替えられます。

電力表示。
DSC03106

電流表示。
DSC03107

決定ボタンを押すと、セットアップメニューに入ります。
DSC03108

上下で選択、決定ボタンで項目設定って感じ、設定用ボタンは3つです。
DSC03109

例えば、MOD VOLTAGEに入ると・・・。
DSC03110

使うMODの電圧を設定できます。

で、戻ると。
DSC03111

計算値が変わりますよ、と。

で、測定値には、オフセットをつけることができます。

メニュー「CALIBLATION」から。
DSC03112

「MANUAL SETUP」で。
DSC03113

+/-を振ることができます。
DSC03114

勘違い防止の為、主な画面にはオフセットの設定値を、右上に出しています。
DSC03115

で、例えばMODを電池の代わりに銅線でショートさせて、「それ自体の抵抗値」を測りつつ、値を引きたいときは。

自動設定できます。
DSC03116

現在の抵抗値を、ゼロ点と設定できます。
DSC03117

 *サブミリ領域は、安定しません。

単位の切り替えも可能です。
DSC03118

まあ、ミリボルト表示。
DSC03119

使っている抵抗計、本来は1秒に1回のリクエスト、なのですが。
無効な値を無視する実装入れてあるので、保証外ではありますが、測定間隔を下げ、高速化することも出来ます。
DSC03120

で、こいつは本来、バッテリーの内部抵抗計です。
なので、バッテリーも測れます。

準備!。
DSC03121

程よく使い込んだ、VTC4を。
DSC03122

「INTREG」画面にすると、抵抗値と、測定電圧が表示されます。
DSC03124

内部抵抗高めだな・・・。

もちろん単位も切り替えられますが、まあ、これはミリオームのほうがいいかな?。
DSC03125

さて。
バッテリー込みで抵抗値測れるので。
「MODの抵抗値」を測ることも出来ます。

適当なアトマに、4本線ぶっさして、準備!。
DSC03126

手元にあったメカニカルMOD、「Rumble」を測ってみましょうか。
DSC03127

だいぶ放置してたので、端子が汚れきってます。
DSC03128

接続!。
DSC03129

測定用の電流は、装置側から与えられる為、この状態でMODをパフしても、電池から電流は流れません。

で、測定結果。
DSC03131

0.6オーム弱・・・。
・・・厳しいっす。
いかにもダメそうな感じ。

端子掃除してみましょう。
DSC03132

再測定!。
DSC03133

約0.18オームですか。
Rumbleが「爆煙に向いていない」の、なんとなく分かります。

実際どれくらい向いてないのか、確認することも出来ます。

「MOD REGISTANCE」に、MODの抵抗値を設定してあげると・・・。
DSC03134

表示モード「MODFEVER」で。
DSC03135

今測ってる抵抗値でパフしたとき、MODや電池がどれくらい温まるか、出してくれます。
0.6オームでRumbleをパフると、5W、MODが発熱しますよ、と。

まあ、こんな感じです。
で、実は弱点が・・・。
システムは全て5Vで動いているのですが、リチウムイオン電池の電圧は4V弱くらい。
昇圧してます。
が、リチウムイオン電池の電圧を、計測系に掛ける「パフ機能」をつけると。
FET実装だと、電流が逆流してしまいます。
・・・リレーかなあ・・・。
・・・いらないかなあ・・・・・・・。
ちょっとだいぶ悩んでたり。

まあこんな感じで。
楽しげなオームメーターが、できつつあります。
のんびりやらかしていきますよー。

以上です。