こんにちは。

さて今回は。

「電子タバコを安全に使用するための、チェックポイント」の。
ここ最近のウチのBlog編を、お送りします。

まあ、バッテリーやMOD回りに、偏ります。
01_total

個別の記事ポインタは置きませんが、気になったら過去ログ参考のこと!。

1.MODが暖かくなる運用は、行わないこと
h02

 ・バッテリーの危険温度は、実験によると150度前後です
 ・MODの構造の都合により、抵抗値が高いところがある場合があります
  ・スレッド部分
  ・スイッチ部分
  ・テレスコ機構部分(バッテリーサイズ調整用含む)
 ・バッテリーが熱的に接触している部分の抵抗値が高い場合、集中的に発熱し、バッテリーに熱を与えます
 ・バッテリーは「一部が」熱せられても危険です
 ・MOD自体はデカいので、熱が逃げて「暖かい」認識でも、バッテリーにシビアに熱がいっている可能性があります、要考慮!

2.「MODの抵抗値」も考えての運用のオススメ
h01

 ・MOD自体も、抵抗値を持っています
 ・完璧にセットしてある、通電性に優れたMODで
  ・銅 0.03Ω
  ・ブラス 0.03Ω
  ・ステンレス 0.05Ω
  ・複雑な構造のMOD 0.2Ω 
  以上あると考えておくと、比較的安全だと思います。
 ・接触やメンテナンスも重要です
  ・サビ 0.2Ω
  ・スレッドを締め切らない 0.05Ω
  ・510スレッドのスペーサー 0.05Ω
  以上の影響があると。
 ・ 特にスレッド単体での通電性は、かなりシビアです。
  スレッドのみで通電性を確保しているMODの場合、くれぐれもご注意を!。
  チューブの壁部分の接触が、かなり重要です!。
 ・電池の内部抵抗は、18650なハイレートバッテリの場合、「0.03Ω」と考えておくといいと思います。
  パラ運用の場合は、電池の内部抵抗を、パラ数で割って下さいな。
 ・以上を踏まえ、例えば・・・
  シングルバッテリ、ステンレス、 単純な構造のMOD:0.05 + 0.03 = 0.08Ω
  上のを隙間空いた状態でセットアップした場合: 0.08 + 0.05 = 0.13Ω
  デュアルバッテリ、銅、単純な構造のMOD:0.03 + (0.03 / 2) = 0.045Ω
  てな感じで定義するといいと思います。 
  ・MODの抵抗値と、ビルドした抵抗値の比で、「MODの発熱」「アトマの発熱」の計算が可能です。
 ・MODの発熱
  g1sm
 ・アトマの発熱
  g1sc


  ・テクニカルMODの場合、「出力するW」を、コイル抵抗値と読み替えて下さい。
  テーブルは以下な感じ。
  tec
 ・個人的には、「MODが20W以上発熱するビルドは危険」だと思います。
  くれぐれも、お気をつけて!。

・まとめると
 単純です。
 ・イマドキのMODで、メカニカルで0.25Ω以下、テクニカルで30W以上運用時は、かなりムチャしてるので、くれぐれもご注意を!。
 です。

まあこんな感じ!。
安全で楽しい電子タバコライフを!。