こんにちは。

Blog開設前にちらちら遊んでた、DNA200のテーマについて、こちらにも残しておきます。
DSC02195
これ、どせいさん風味w。

DNA200のテーマは、128x32の白黒画像をescribeに読み込ませることにより、DNA200搭載MODの各画面をお好みにカスタマイズできる、というヤツです。
 1_open1
この大きさね。

オイラが作ったのは、以下のURLにあります。
 http://kei.eucaly.net/dna200/
dna200_theme08

まあ、気が向いたら使ってやってみて下さいな。

設定について:

設定可能箇所は、現状2箇所。
Themeタグ内の各画像のところ。
 dna200_theme01

あとGeneralタグのProfile内、各設定ごとに画像くっつけられます。
dna200_theme02
 
各画像は、一部表示選択や位置調整があります。

オープニング画像
dna200_theme03
 スリープ復帰時に出てくる画像です。
2枚設定でき、表示秒数を設定できます。
確か最大7秒かな、、、。
画像表示中もFireは効きますw。

コイル検知時画像
dna200_theme04
標準では表示しない設定ですが、新コイルと旧コイルの抵抗値の表示機能があります。
右側のセレクタを、「Show Ohms on Custom」にすると、抵抗値表示モードになります。
その下の数字入力欄は、表示位置の座標設定です。
画像左上が「0,0」原点です。
Xを「96」に設定すると、右に寄ります。
Yを「22」に設定すると、下に寄ります。
そしてYを「11」に設定すると、下から2段目になります。
旧コイル(Old Coil)を 96、22
新コイル(New Coil)を 96、11
に設定すると、右下に表示を寄せることができますよん。

カンタル温度と温度コントロール
dna200_theme05
この2項目は、表示を隠すことができます。
右側のセレクタ、「Hide Messages」にすると、表示隠れます。

Locked Click 5X
キャプチャ忘れました。
この項目の数字いじると、Fire何度押したらロックするのか、を弄れます。
3とかに設定すると気持ちいいですよ。

ほか、見栄えですが。

Screenタブでも一部変更が可能です。

エラー時とか
dna200_theme06
 「Left」「Right」は、画面の向きです。
お好みでどうぞ。

Error Flashesはエラー、例えば温度管理やアトマイザー見つからない場合などに出る画面をどう扱うかです。
標準では、0.5秒表示、そのあと1.5秒元に戻るを、3回繰り返す、になってます。
ココいじると、エラー画面を長持ちさせることができますよ。

Brightness
dna200_theme07
 画面の明るさ弄れます。
「Charging Brightness」を0%にすると、充電時の表示消すことができますよん。

最後にもいちどURLをw。
 http://kei.eucaly.net/dna200/

以上、DNA200のテーマいじりネタでした。
まあ楽しんでみて下さいな。