こんにちは。

さて、今回は。
前回勢いで発注した基板が届きましたので。
まあ、見ていこうと思いますです。

結局まあこうなるよね。
DSC03338
なのでまあ、「組んでみていろいろ様子を見てみよう」な感じで。


さて。

パッケージは、いつものアレです。
DSC03311

中は、DNA75後期、及びDNA60と同じ感じの静電スポンジで。
DSC03345

ただし、LCDの切り込みは、長くなってるみたい。

基板はこんな感じで。
DSC03350

LCDはこんな感じ。
DSC03349

DNA75と並べてみましょうか。
DSC03312

こんな。
DSC03314

感じです。
DSC03315

違いは・・・。
DSC03316

・板厚、大きさは、ほぼ同一
・ネジ穴位置、及びネジ回りのTPも、ほぼ同一
・CPU面パフボタン、USB、LED位置、ほぼ同一
・DDC面アトマイザーTP、バッテリーTP、インダクタ位置、ほぼ同一

・DNA75Cは、多分LCDマウンター用途の切り欠きが4箇所ある
・UP/DOWN/SELECTスイッチ位置は違う、スイッチ自体は同じっぽい
 ・配線引き出しはほぼ同一位置だが、U/D/Sスイッチの配線のやりざまは違うっぽい
・CPU面、「でかいL」がLCD下面に潜る構造
 ・DNA75は「でかいL」がOLED脇に逃げていたけど、ここ違うよ!、注意
・CPU面、フレキコネクタがオフセットしている
・DDC面、DDC用FETが位置は同一だが品番異なるっぽい、下面電極品になってる
・DDC面、コンデンサ位置が違う、出力側コンデンサは数も違う、使われているコンデンサは双方3216

てな感じかな。

LCDとOLEDも比べてみましょうか。
DSC03317
LCDはOLEDに比べ、横に短く、縦に長い感じです。
フレキを含めた全長は、ほぼ一緒な感じ。

・・・まあなので。
DNA75用のマウンタは、逃げが少ない構造だと、嵌合しません。
DSC03318

まあ、もちょっと詳しく調べてみましょうか。

ちなみにまだデータシートとか無いので、、、。
ノギスでてきとーに測ってみたり。
測定顕微鏡ほしいな・・・。

LCDは型番から、多分これと表示面は同一かなと。

lcd1
フレキピッチとか違うけどね。

LCDの表示面は、OLEDと違って、ド真ん中みたいです。

lcd2

測定とLCDデータを踏まえて。
まあ、こんな感じ。

meas1
LCDの横方向、かなりキツキツです。
組み込み注意!て感じですね・・・。
マウンタ用?の切り込みは、省略してあります。

DNA75との比較は、こんな感じになりますよん。

meas3

表示面が、上方向にオフセットするのですね。
あと、USBとスイッチの位置関係が、かなり近づいています。
オサレスイッチ被せる場合は、注意が必要かもね。


まあ、データができたので、DNA75のMODデータを調整してみて。

mod1

出力!。
DSC03319

何度か位置を合わせてみて、なんとか納まりました。
DSC03321

CPU側を全面で抑える構造のマウンタを作製する場合は、USB、スイッチ、LCDを繋げて切り欠いてしまうのが、いいのかも知れません。
DSC03333
・・・そーいや、LCDの表示面オフセットが無いので、ネジ穴考慮しなければ、CPU面は線対称ですね。

裏面はこんな感じ。
DSC03322
コンデンサ位置が違ったり、FET違ったりしますが、インダクタを除くと、一番高い部品は相変わらず「コンデンサ」です。

配線用意して、配線!。
DSC03323
やらかしてみて分かりましたが。
DNA75でも結構熱が逃げてた、「アトマ側GND」は。
より、熱が逃げるみたいです。
多分コンデンサが増えてるのが原因かな・・・。
ハンダ乗りづらいので、注意。

あと、全体的に防水塗装が掛かってるようで。
ハンダ時、多少異臭がします。
DNA60と違い、TPの面積がデカいので、気になるのかもね。

フレキコネクタは、バックラッシュタイプ。
DSC03324

但し、OLEDよりもLCD部のフレキが厚いっぽく、多少入れづらいです。
ここまで入れないとだめよ。
DSC03326

LCDは、バックライト配線があり、一部フレキが二重になっています。
DSC03331
上の方の「K」「A」って書いてあるあたりね。
ここ、ハンダでフレキ同士が接続されているので、折り曲げ時にテンションかけないように注意。

まあ・・・、LCD、デカいね・・・。
DSC03332

で、LCDのフレキが厚くてデカいので。
DSC03334
納まりが結構やばい感じです。
Σ型にフレキを折ったりはできなさそうなので、まあご留意を。

また、OLEDに比べ、表示部が小さいので、相対的にフレキが長いです。
LCDを上にあげてしまうと、パフボタンに引っ掛かります。
UPスイッチギリくらいまで下げるのが正解みたい。
DSC03335

まあ、他はあまり、変わらないかな?。
全体的な納まりは、DNA75と変わらないみたいです。
DSC03337

DNA75に比べ、下部スイッチの処理が難しそう、あとやっぱ表示部が上にオフセットしてるねえ。
DSC03341

全体的なバランス感は、相当詰まってる、感じ。
DSC03339
DNA75が「パフ」「表示+スイッチ」「USB」の3つに分かれてる感じに対して。
DNA75Cは、「パフ」「あと全部!」みたいな感じです。

フレキがデカいので、LEDは、この組み方だと、あまり主張しません。

DSC03342
もしLEDを活かしたい場合は、導光板的な処理が必要かも知れません。

まあ、実際組んでみて、DNA75よりキツキツかなと、そして基板側スイッチを活かす構造だと、処理が悩ましいかもな、な印象です。
そこさえ乗り越え、フロント部の処理さえなんとかなれば、DNA75なMODを、DNA75Cへ流用することは、そんなに難しくなさげ。

以上です。

まあ、使ってみますよ。

DSC03338