こんにちは。

C_8Xyh9UQAAKBCt


そう言えば。
mod作り始めて、1年ほど経過しました。

最初は確か、クリスと作った、HAMMONDケースなFET+LEDで。
そこから3DプリンタなDNA75に走り。
HIKARUMOD基板作り。
アクリル2次元MOD制作に手を出し。
今に至ります。

そして本日、Blogのアクセス数が、10万アクセスを突破しました。

最初は、VAPE MOD研究所あたりの二次ソース的な気持ちで始めたBlogも。
気づいたら、なんか変な方向に、突っ走ってます。

この一年で、得られた知見は、オイラにとって、大変貴重なものですし。
電子タバコを通じて得られた人の繋がりも、とても素敵なものとなっております。

みなさま、ありがとうございます。

そしてmodを作り始めて、得られた現状の結論は。
一般的な認識とは、ずれているのですが。
先日、M5+で、黒岡さんから言われた言葉。

「技術屋のハイエンドは、普通と違うから」

この言葉に集約されているような、気がしています。

なんというか、世間一般の、電子タバコ業界的なスタンダードとは、オイラは大分ずれちゃっている気がしていますが。
まあこんなのも、アリかなあ、と。

現状の電子タバコは、中国発祥で。
アイデアに対する保護意識が低い中で。
アイデアだけに頼らない、手間をかけた素材や技術を磨く文化が生まれ。
その、「上辺だけ」が蔓延しちゃって、ちょっと歪んじゃってるのが。
現状の日本の電子タバコ文化なのかなあ、とは思います。

で、なんとなくふわっと感じていた違和感が。
この一年、「変な電子タバコグッズを作ってみる」ことで。
色々な方と繋がり、ディスカッションでき、大分整理されてきました。

全ての人にとって。
「ハイエンド」とは。
「自分にとって、それがどれだけ楽しいか、満足感を得られるかの軸」
だけなのかな、と。
製品としてのハイエンドと、それぞれのハイエンドは。
また別のものなのかな、と。
この辺を、「製品としてのハイエンド」だけで語る人がいるから。
おかしなことになるのかな、ってね。

えぇ、「ものづくり」的な観点で、趣味として電子タバコを楽しんでる感じの。
そして、それに共感し、一緒になって遊んでくれる感じの。
そんな輪が広がった、それがなんか、とても嬉しい感じです。

まあ、ちょっと忙しくなっちゃって。
もうなんか自由には行動できない感じですが。
それでもまあ、暇を見つけて遊んでいきたいと思います。

みなさま、これからも、適当に、お付き合いいただければ、幸いです。