こんにちは。

さて今回は。

最近量産気味の、DNA200イメージのオイラなりの作り方について、ご紹介。
えぇ、適当です。

適当に、参考画像を用意します。
dnaimage_1
 そよりん!。

使っているソフトはこれ、もう15年位前のやつじゃねえかw。
dnaimage_k
バージョン4から愛用してますが、4とかWindows3.1で動かしていた記憶がありますw。

DNA200画像は、モノクロ2値のちっこい画像です。
なのでまず、線要素を画像から抽出します。

だいたい、以下の2パターンで頑張ってます。

明るさとコントラスト弄り。
 dnaimage_2

こうなります。
dnaimage_3
 ハイライトシャドウ調整。
dnaimage_4
dnaimage_5
こうなります。

今回は、ハイライト調整版でいってみようかと。

ターゲットとなる部分を、軽くお掃除。
dnaimage_6
 まあ、バケツツールで白流しこんでるだけ。

んで、ネガポジ反転。
dnaimage_7
 
ターゲット切り出し。
dnaimage_8
 
またちょっと掃除して。
dnaimage_9
 
グレースケール。
dnaimage_a
 
縮小。
dnaimage_b
128x32にするので、余白分みて縦34-40くらいで縮小かけます。
 
明るさいじって。
dnaimage_c
 
dnaimage_d
 
2値化。
dnaimage_e
 
細かいディテールを、適当にお掃除。
dnaimage_f

128x32の画像用意して。
dnaimage_g
 
コピペ。
dnaimage_h
 
文言適当に。
dnaimage_i
 
貼り付けて、おしまい。
dnaimage_j
 
慣れると5分くらいで、いけますよー。

量産結果w:http://ecig.eucaly.net/archives/1770393.html

以上です。