こんにちは。

今回は珍しく、自分語りでもしてみようかと、、、なんか書く前から恥ずかしいけど。

オイラは今は、しがないIT屋さんを、やっていたりしてたりしてますが。
前の会社では、まあ電気屋さんをしておりました。
時期としては、2000年代~2010年代初頭、て感じ。
まあちょっと掘り下げると、主にコンシューマー向けの、電気回路設計だの、開発だのね。

電機メーカーの中って、実は結構分かれてて。
一つの部署にずっといると、その道のプロにはなれても、分野外れるとわからないことだらけ、だったりするのですが。
オイラは何故か、研究から規格策定、開発、設計から製造技術、果ては電気の通ってないレンズまで経験。
「新規事業立ち上げ」とかいう、レアな経験までしてたりします。
なので、まあ電気的な分野に偏ってはいますが、結構電気設計の美味しいところ、一通りは経験しているのかな、と思っています。

ex:
dschx
このCGに使われている基板、実はオイラが検討中にぶっ壊した基板だったりします。
よーみると左上のヒューズ、半田で短絡してあったりしてw。

でもね、特に最後の方、あんまおもしろくありませんでした。
丁度世の中がガラケーからスマホに切り替わるあたりね。

それより数年前から、電機製品を構成する機能の中核が、「電気部品」から、「ソフト」に乗り代わってきていて。
なんというか、手を動かして作りこむワクワク感が、薄れてきているのを、感じていました。
全社的にも同じような動きがあって。
ほら、踊るスピーカーだの、某高級製品ラインだの、外から見ても迷走してたの、記憶にある方もいらっしゃるかと思います。
まあでも結局、いろいろ失敗をして。
某ゲーム機関連のソフトのヒトが一時期実権を握った後、某平安京エイリアン的な方々が「ソフト=技術」的な流れを決定的にして。
今のあの会社があるんだと思います。
まあ、現状の世界を見てみると。
ハード的には大して工夫のない「スマホ」が、大々的にソフト差別化で花開いちゃってて。
色々な電機製品を駆逐しつつあり。
新しい機能も、おしなべてソフトで。
まあ確かに正しい道なんでしょうけど、オイラとしては残念であり、寂しい感じがしています。

電気ってね。
全然理論的ではない世界が、少なからず混じってるのよ。
オイラは何度、「もっと定量的に」とか、「納得できるデータを寄越せ」とか、「このリスクが呑めるのか!」とか言われたか分かんないし。
でもどんな積み上げても、ある程度のギャンブルは残る、そんな世界。
突っ込みどころは多くて、否定的な要素を上げていけばすぐ手詰まりし、シミュレーションとかは成り立たないし、結局最後は勢いで押し切るしか無い、そんな世界。
ライブラリだのファンクションだのプロトコルだのプロシージャだので、部品を組み合わせていく世界とは、なんか全然違うのです。
だからこそ、製品の素性を担保するための設計基準や安全規格が経験則によって積み上げられ、また規制で「やんちゃな製品」をフィルタリングする必要まで出てきて、「理論から作る」ではなく、「作ったものを理論にはめこむ」感じで作っていかざるを得ない、というかそれが醍醐味だと思っています。

で、電子タバコ。

こいつ現状ではがっちり、「電気が主役」だと思っています。
いわゆるテクニカルモノでも、MOD基板をつなげりゃ動く!、という原始的な世界なのが、ますますいい感じ。
まだまだ回路的にも研究の余地が大いにあり、特に安全性に関しては、まだまだこれから、という感じ。
何度か記事にもしておりますが、安全性担保の為の規制も、多分これから積み上げていくのかと。

ソフトだけでほぼ表現できてしまう、昨今の電気製品の中でも。
特に可能性を感じ、楽しめそうなのが、この世界だなと。

ちょっとだいぶ悲しいのは、この流れに日本の電機メーカーが乗ってきていないこと。
もう中の人、電気的な分野で新しいことにチャレンジするような ヘンなヒトは、少ないのかもしれません。

まあ多分オイラのワクワクは、他のヒトとだいぶ着眼点がずれているとは思います。
でもオイラは、オイラなりに、とても楽しみながら、遊んでいます。
これからも、どうぞ、よろしくおねがいします。

で、そのうち。
なんか下らない電気的なお話をいくつか、俎上に上げて。
気の合う人たちと、わいわいなんかやらかしていきたいと思っています。
高機能でもハイエンドでもないような、なんかヘンなことを。
電子タバコをプラットフォームとして、実験というか楽しそうなことを。
適当に、ね。
もしご興味がおありなら、メッセージでも頂けると、そのうちなんかあるかも知れません。

以上です。