こんにちは。

さて、適当に頒布している。
「3Dプリンタを使ったDNA75のBF/シングルMOD」ですが。
キット頒布なので、皆様に様々な工夫を試してもらっていたりします。
ここいらでひとつ、紹介を!。

まあデフォルトは、こんなのです。
13709562_1081210268623959_1418203573_o

まずオイラの工夫から。

もともと、ABS素材を使うため、素材の引きがあり、サイズのチリが合わず、削り大会状態でした。
13445944_1059490880795898_1408644043_o

が、データをかなり細かく追い込み、サポート材(プラモデルのライナー的役割なもの)を除去するだけで、一応MODとしての完成を見られるようになりました。
image8

サポート材は、こんな感じでつけています。
13522573_1064958686915784_1189252647_n
窓のところの格子状のは、上から樹脂が垂れてこないようにするための支え、角の丸いのは、素材のヒケを抑えるためのサポーターです。

まあフィラメントの数も増え、カラバリも豊富な感じになりました。
13472343_1062388670506119_397989605_n

横から見るとこんな感じ。
13479910_1062388693839450_336129327_n

もちろん蓋部分やボタン部分は気軽に交換可能、様々な表情が楽しめるように工夫しとります。
13480040_1062898207121832_209439802_n

また、3Dプリンタ造形物は、中が中空な上、フィラメント間に隙間が開いている構造です。
なので、「アセトン」という有機溶剤を使い、表面を一部溶かすことで、磨きにも耐えられるように工夫をすることにしました。
DSC_0383

オイラのぶっきーな感覚で磨いても、こんなかんじに比較的キレイにがんばれるようには、なりました。

まあオイラは、そんな工夫とか入れる知識もウデもないので。
皆様の検討というか健闘を、ご紹介していきたいと思います。

さてまず、クリスさん。

クリスさんには、もともと、「不透明な蛍光赤色」な本体をお渡ししておりました。
しかし、、、削り過ぎちゃったのです。
13493660_259331434437177_557376266_o
3Dプリンタ造形物は、内部充填を特に指示しないかぎり、中身はハニカムだったり、格子状だったり、まあ中空構造なのです。
カタマリを不透明な素材で作ると、中身が見えなくてこんな悲劇が襲います。
なので、この事件以降、基本的には「透明素材」でオーダーを受け付けることにしました。

さて失敗を乗り越えたクリスさんは、鬼磨きをやらかしてくれました。
13553239_262286454141675_445585626_n
240番で成形、600番で粗目を取って1000番で目を落とし、コンパウンドで磨き上げたそうです。

つやてかです。
13555771_264152993955021_1809889773_o

次にチャドさん。
チャドさんには、電気配線すらしていないキットで送ったのですが。
配線をきれいにまとめてくれました。
13833595_1971199619773175_1250730148_o

多分気に入って、使ってくれているものだと信じています。
どなんだろう・・・。

最後にTwitterのShinyaさん。
実はウチから超近くに住んでいる方です。
彼にはシングルMODの筐体を渡して、仕上げてみたらどうなるか、実験してもらいました。

そしたらまず、綺麗にRを取って、納まりのいい筐体に仕上げてくれました。
Image6

丸みを帯びていて、手にもやさしくフィットします。
Image7

更に板状のスタビウッドを使い、フロント・サイドパネルの検討を。

切り出して。
Image5

仮フィッティング。
Image4
この際、一部薄すぎて応力がかかってしまい、割れてしまったのですが、補修も兼ねて。

サーフボード用硬化剤で処理。
Image3

結果、こんな感じに。
Image1

非常に美しく処理され、もはやなんというかレベルの違う事態になっています。
Image2

そしてまあ現在から未来、HIKARUMOD基板を使って、何かやらかそうと模索中だったりします。
fl1470217739

まあ、完成品ではない、キットならではの楽しみ方や育て方が出来る、そんな新しい遊びをちょっとは提案できたかな、と思っています。

ご興味がおありなかたは、オイラまで連絡下さいな、まだ少し部材ありますよー。

以上です。