こんにちは。
電子タバコ初心者の、ゆうかりです。

さて今回は。
電子タバコ用に。
結構かなりアレなもん導入してしまったので。
まあ、テスト運用までの顛末記を。
お送りしたいと思います。

具体的に、こんなの。
fl1477725583

まずはじめに。
オイラは、ぶっきーです!。
切ったり彫ったり削ったりは、基本的には忌避します。
だって、、、まず確実に、やらかすんですもん・・・。
例えば、DNA60載せ替えでアルミ削っても。
DSC02615
こんなふーに、キズモノにしてしまうくらい。
えぇ、ぶっきーなのですよ!。

なので、機械に任せられるところは機械に任せて、それでいて、なんか作りたいのです。
まあ、、、既に「3Dプリンタ」なる機械任せお気軽立体構造物形成装置を、導入してたりしてるのですが。
DSC02460

次のステップとして、なんかまた、機械を導入したいな、と。
機械任せに出来る、機械をね。

当初候補は・・・
・NC旋盤
・CNC
だったのですが、どっちも「かなりヤバい」と。

んじゃいっそのこと平面で、、、レーザー?、とか考えていたのですが。
高出力のは結構高くて。
日本製だと、例えばフルキットでも・・・
a01
25万を軽く超えます。

もちろん、もっとマトモなのもありますが、まあ数百万コース。
無理!。

と諦めていたのですが・・・。

ご近所に棲んでいる、Shinyaさんか紹介されてしまった。
えぇ、、、電子タバコ業界でもお馴染み、「中華」というステキなキーワード。
どーん!。
set01
悩みましたが、気づいたらポチッてました。
えぇ、、、悲劇の始まりです。

んで、まあ、振り込んだりして。
振込確認メールが着た後、なしのつぶてで。
発送連絡や、トラッキング送ってくれるってメールに書いてあったのに。
なーんもなく。
1週間ほど立った、ある日。
作業場として使ってるお家にいくと、玄関に紙が挟まってて・・・。
fl1477626858

!!?。
慌ててWeb調べてみたら、さらっと発送とか書いてあるし!。
set02
メール欲しかったなあ、、、。

まあともかく。

とりあえず再配送連絡してみたら。
「あと1分でつきますー!」。
えええええ!?。
fl1477626874
福山通運、恐るべし。

まあ、関税払って、無事とう・・・ちゃ・・く?。
fl1477624704

な、、、なんか、、、予想と違って。
偉くアレなんですが、、、サイズが・・・。

まあ、木箱でがっちり梱包されとるので。
クギ引っこ抜くのに、バールのようなモノの出番です!。
んがそんなものは無いので。
電極加工用のペンチと、マイナスドライバーで、ひたすらがんばり。
fl1477624722

どうにか引っこ抜いて。
fl1477625774

ぱっかーん!。
fl1477626078

で、、、でかくない!?。
fl1477626166
これは、、、やらかしたか・・・!?。

まあ、付属品を見てみましょう。
fl1477626150
・25cm角の、ブロワー
・エアポンプ
・USBケーブルだのドングルだのソフトだの
・ステージ用のフタ
・ハニカムテーブル
が、付属しておりました。

結構なサイズで、、、これを台所までずるずる引っ張ってって。
fl1477626174

とりあえず仮置き。
fl1477628660

って、、、これじゃあ、後ろに何もアクセスできませぬ、、、だめだあああ!。
fl1477628844

まあ、、、中とか見ていきましょう。

ステージはこんな感じ、基本的にはミラーで反射させたレーザーをヘッド使ってステージにプロットする、そんなルー語感満載なブツです。
fl1477628856

標準のアミアミなアルミテーブルは、真ん中に穴が空いてますが、これは下にあるZ軸昇降用のプーリーにアクセスするためのもの、付属のフタで、フタできます。

また、アルミテーブルのアミは結構荒いので、モノによっては熱が逃げて、接触してるところだけ切れない!、とかいう現象が起きるそうで。
ハニカムテーブルも、くっついてきました。
fl1477631985

裏面は、こんな感じ。
fl1477632206
左から、、、
・ACアウトレット、思いっきり中華仕様、各国のコンセントどんとこいやごらああああ!な感じの
・アース
・ACインレット、今回この機械は一応、AC110Vです、100Vで動かすけどね!
・レーザー管冷却用の水入出力
・ブロワー用の排気口
・エア導入ホース(オレンジの)
て、感じです。

そうなんです、高出力CO2レーザーは、「水冷」なのです。
fl1477632214

レーザー管は、こんな感じ。
fl1477632272
今回は50Wを選択。
3層構造になっており、真ん中がレーザー発振部、2層目を水が通り、外側がガスキャリアです。
左側のぐるぐるは、ガスを行き来させるためのもの。
噂によると、ガラスの熱収縮を吸収するため、ぐるぐるになってるとか。
なかなかとんでもな構造です。
ちなみに全長は80cmを超えています。
恐ろしい子!。

電子タバコと同じく、なんかQRコードとかで本物認証できるあたり、 中華臭たっぷりです。
fl1477632294

レーザー出力部はこんな感じ。
fl1477632304
かなり見づらいですが、45度なミラーを介して、機械内部にレーザーを導入しています。

まあ、初日はこんな感じでおしまい。
非常にアレなので、Amazonで部材等発注し。

使ってないPCをレーザー制御用にすべく、セットアップとかしてね。
fl1477699340

実家から、作業台として使える机とかを見繕って搬入したりしてね。
fl1477699359

いろいろあったけどまあ、無事?設置完了。
fl1477725583
でかいよ!。

さて、、、。
設置には、色々お作法が必要でした。
まず、今回、ソフトは、Coreldrawと連携するタイプ。
しかもプラグインな感じで動くので、安物のCoreldrawじゃなくて、高い方のCoreldrawが必要です。
泣く泣くゲット。
fl1477737556

水冷なので、水を通し続けるか、ポンプ循環が必要です。
今回は、水槽用のポンプで、水を循環させることにしてみました。
fl1477793168

しかし、、、水槽用の水ホース規格は、12mmとかあって。
レーザー管の水ホースは、内径6mmくらいのシリコンチューブです。
なので、お庭散水用のホースジョイントで繋ぐ事に。
fl1477793174

水槽用ホースはこんなん、つーか高い!、まあ色々あるんでしょう・・・。
fl1477793218

エア導入用のホースは、標準ではスパイラルなオレンジ色のがついてきましたが、扱いづらいので、これまた水槽用のブクブク用ホースに変更。
fl1477793180

空気用のポンプ、標準添付品は、かなり音がアレだったので、これまた水槽用のブクブクポンプを導入。
DSC02902

んで、水回りを配線。
fl1477793306

無事作戦は成功し。
fl1477793600

まあこんな感じでホース変換して。
fl1477793610

バケツに水中ポンプを、ぼちゃんと。
fl1477794104

無事、レーザー管に水が流れていくようになりました。

空気ホースも変更完了、こいつはエアアタッチメントが挟まってたので、交換は楽勝。
fl1477794430

さて、本体の設定です。

コントロールパネルは、こんな感じ。
DSC02903
水色の6つのスイッチでレーザー出力を調整。
Test Switchでレーザーの試射。
レーザー出てる時は、その下のLEDが光ります。
ロッカースイッチが3つあり。
左から・・・
・前面ファンOn/Off
・照明On/Off
・主電源On/Off
です。
「Laser Power」はイマイチなんのスイッチか、分かってません。

温度計もしっかり付いておりますが。
DSC02904

なか開けてみたら、センサーがどこにもくっついてなかったので、ポリイミドで適当に固定。

電源ユニットと。
fl1477801188

冷却水入り口に、ね。
fl1477801180

ちなみに、CO2レーザーは、高電圧発振するので、必ずアースが必要です。
今回は、独立したアースを、取りました。
fl1477793326
アース棒って、500円もするのね・・・。

周辺機材を全部配線すると、コンセントこんなに必要です。
fl1478321726
・本体
・水中ポンプ
・ブロワ
・空気ポンプ
・・・なかなか、とんでもさんです。

次にソフトの導入。
Coreldraw!。
fl1477795494

と、レーザー用のツール類。

レーザー用のツール類は、 USBドングルによる認証式です。
fl1478321716
光学ドライブ奥の、左がUSBドングル、右がレーザー加工機に向かうUSBです。

導入したCoreldrawはX8、Windows7/64bit上で、64bit版をセットアップしました。
b05

セットアップ後、「CorelLaser」というソフトを起動すると、Coreldrawと同時に立ち上がります。
b01
もうなかなか中華色溢れる感じのスプラッシュスクリーン。
なお、ライセンスIDは、USBドングルへ紐付けられています。

立ち上げるとこんな感じになります。
b02
右上に、レーザー加工機制御用のパネルが出てきます。

CorelLaserは、標準では英語・中国語ですが、日本語パッチを作ってくださってる方がいるので、パッチ当てれば日本語になります。

加工機の設定は、こんな感じ。
b04

んで、具体的なカットや彫刻の指示は、こんな画面で行います。
b03
DPI設定が悪いのかなんなんか分かりませんが、数字がほぼ、ウィンドウから、はみ出しちゃってて、なかなか使い勝手は最悪な感じです。
んが、使えないことはない!。 

まず適当に設定してみて、Amazonのダンボールにお絵かきしてみました。
fl1477798730
CO2レーザーは、遠赤外線領域なので、目には見えません。
が、照射先の素材が燃えたり溶けたりして、加工されていきます。
ダンボールは空気が多いのと、支えがあるので、一発では切れないようです。

ミラー拭いたくらいなのですが、精度は出ているみたいです。
fl1477798930

でも表面しかコゲてないなあ、、、25%じゃだめかなあ、、、と思い。
試しに90%掛けてみたら・・・。
fl1477800597
Konozamaです!。
なかなかスリリングで、エキサイティングな感じ!。

とりあえず比較的大判なデータをサクッと作ってみて、Amazonダンボールへ加工してみたりね。
fl1477808106
うん、、、なかなかいいかんじ。

調子に乗って、PETにも加工してみました。
fl1477807796

PETは、調べた限り、「切断」にならず、「溶ける」感じになるみたいです。

実際その通りになりました。
fl1477808164

でもまあ、これはこれでいいかな?と。
fl1477808196

さて紙に戻って。
細かさどこまでいけるかテスト。
fl1477889053

ふむ、、、結構楽しめそうな感じです。
fl1477889933
なお、出力によって結果が大きく変わるのと、速度下げるとコゲるし、あまり速度上げすぎるとモーターが脱調するので、加工には勘所が必要なようです。

彫刻も試してみます。
ラワン材にやってみたのですが。
fl1477891032
速度と出力設定ミスって、ケシズミっぽいのができちゃって・・・。

やりなおし!。
fl1477898857
今回は、なかなか良さげ。

出来上がりは、こんな感じです。
fl1477913598

1パスで。
1mmくらい、掘れてるかな?。
fl1477913593

と、、、まあ、絶賛試行錯誤中。
fl1477913602

さてこれを、どうやって電子タバコに活かすのか?。
これは、これからの課題です!!!。
どしよっかなあ、、、ふふふ。

以上です。

参考文献
激光生活掲示板
【模型】 激光生活 Corel LASER の日本語化
電動用品専売