電タバ関連つらつらと・・・

電子タバコとか、VAPEとか言われているアイツについて、適当に書いていく、そんなBlogです。

電子タバコの考察

リチウムイオン電池と、温度(と発煙)について

こんにちは。

さて今回は。
電子タバコで良く使われている。
18650リチウムイオン電池の、温度回りについて。
掘り下げていきたいと思います。

さて。

まず、18650なリチウムイオン電池は。
必ず、ガス排出弁がついています。
blog1
まあそもそも、なんでコレが必要なのか、そして電池がヤバい状況にならずに使うには、辺りをね。

まず、リチウムイオン電池の構造から。
まあ正極と負極が、セパレータで分離されつつ、ぐるぐるまきになってるのが、リチウムイオン電池ですが。
正極と負極だけではなく、「リチウムイオン」が染みこんでる、「電解液」が、この間には存在します。
まあクルマ用のバッテリー、鉛蓄電池で言う所の「バッテリー液・希硫酸」ですね。
コイツはどれくらい含まれてるのか。

総務省の文書から読み取ることができます。 
 blog4
大体2mlくらい、含まれてるみたいですね。

組成は、リチウムイオンを、有機溶剤に溶かし込んでいる構成のようです。
blog5

例えば、ジエチルカーボネイト。
これは、「炭酸ジエチル」という、エタノールに炭酸をくっつけた構造のものらしく。
物性的には・・・。
blogd

こんな感じ。
沸点が128度、そして、それ自身が発火する発火点は445度ですが、火を貰うと燃えちゃう引火点は、25度です。

非常に乱暴に、炭酸ジエチルだけでリチウムイオン電池の電解液を構成すると、128度まで熱しちゃうと、なんか吹き出しちゃう、ことが分かるかと思います。
実際は他の部材との混ぜモノなので、も少し温度は上のほうだとは思いますが、まあそんな極端な温度にならんでも、リチウムイオン電池は、なんか吹いてしまうのです。

なので、18650電池には、ガス排出弁があるのです。
blog1

もちろん、電解液が吹いてしまった場合、そのリチウムイオン電池は、もう正常ではありません。
ちょっとでも吹かした場合、多分電解液の組成は変化するでしょうし、電解液そのものも容量が減ります。
オイラはイオンについてはよーわからんのですが、ひょっとしたら残った電解液にリチウムイオンが凝集しちゃう、なんてことがあるかも知れません。

どのみち、危ないですよね。

で、多分ですが。
この電解液の組成や薄さをギリギリまで追い込んでるのが、昨今の大容量・大電力取り出し可能なリチウムイオン電池な気がしています。
リチウムイオンを多く含めば、容量が増しますし、また電解液を薄くすれば、それだけ正極と負極の面積を稼ぐことができるから、だと推測!(あくまで予想)。

ですがその分、電池の熱的な余裕が厳しくなってるのかな、と。
論拠は、VTC6のデータシート。

手元にはVTC4~VTC6のデータシートがありますが、VTC6から、「80度制限」が登場しています。
blog2

放電時60度まで、という制限は他のデータシートにもありますが、それとは別に、VTC6の場合、「80度温度カットしない場合は、15Aまでしか使えない」と明記されています。

リチウムイオン電池は、歴史的に「充電」で問題を発生させるケースが多かったので、充電条件は細かく決まっているのですが。
VTC6の場合、「放電条件」も新たに加わっています。
blog3

これ、、、邪推ではありますが。
・電池の設計を攻めすぎて、電池に熱的余裕がない
・電池に使っている電解液の組成上、高温に弱い
あたりが予測できるかな、と。

どのみち、本来、リチウムイオン電池は、温度管理して使うものです。
リチウムイオン電池から電流を取り出したり、充電する時、リチウムイオン電池自体の「内部抵抗」から、電池は必ず発熱します。
この発熱を監視することが、データシート上でも求められています。
bloge


例えば、Lenovoバッテリーの分解写真。
blog7
基板から電池に伸びている、オレンジ色の帯、これが温度センサーです。
指定以上/以下の温度の場合、充放電動作を止めるように設計されてるっぽいのが、分かるかと思います。

さてでは、実際にリチウムイオン電池を吹かした場合、どうなるのか。
Youtubeにチャレンジャブルな動画がいくつかあるので、そこから読み解いてみましょうか。

まず、ガス排出弁の動作例。


まあ、鉄片でショートさせてますが。

まず、ガス排出弁から煙が、そして電解液が軽く吹き出しつつ。
blog8

最後には激しく噴出し、最終的には爆発しています。
blog9

この際、よく見ると。
噴出し、ケースにくっついた電解液が、蒸発しているのが分かるかと。
つまりこの状態で、電池はかなり発熱している、ということが分かるかと思います。

ちょっとわかりづらいですが、VTC4での実験映像も。
 

これは直列に接続、更に屋外で実験しているので、煙の噴出が見えづらいですが。
bloga
右側の電池は手前側から、左側の電池は奥側からガスを噴き出しているのが分かるかと。

では実際、MODに装着している状態で、どうなっているのか。
これは、以下動画から読み取れます。


この動画は本来、「EFESTの電池の放電レート嘘ついてるじゃねえかこの野郎!」的な動画なのですが。
ちょっとそれは置いておいて。

テクニカルMODに装着し、60Wでパフ時、電池が発煙している、貴重な動画だと思います。

発煙状態時、左上のテスターに、アトマ電圧が表示されてます。
blogb
発煙時に設定の「4.2V」から「3.76V」に出力が落ちていますが、「発煙=即電池の出力が停止する」わけではいことが読み取れると思います。

ただ、、、実際は、かなり電池が熱くなってるみたいで。
ガス排出弁から、プツプツと電解液が漏れ出している状況が、記録されています。
blogc

まあ、以上のことから。
・リチウムイオン電池は、「ガス排出弁」が+極近辺に存在する
・「ガス排出弁」からガスが出る契機は、どうやら温度
・ガスが放出されても、電池としての機能は完全には失わない
 *が、ガスを出した電池は電池の組成変化が起きている可能性がある
・「プツプツ」程度のガス放出でも、電池にはダメージが出ている

ことが分かるかと思います。

ちなみにリチウムイオン電池は、缶構造なので。
blog1
クギ挿しなど、極端な状況でなければ、「ガスが出る時は+極近辺」だと思います。
良く、チューブMODで、「-極が底」でかつ「底面側にベントホールがある」構造のものがありますが。
こいつ、実際にガスがちゃんと抜けるのか、なかなかリスキーな感じです。

まあそもそも・・・。
「ガスが出る契機」は、「温度由来」 だと予測出来るので。
温度に気をつけて使っていけば、比較的安全じゃないかな、と思います。
そして「温度」は、「大電流引っ張った時に内部抵抗で電池が発熱するため」なので・・・。

例えば:
 ・メカニカルMODの場合、アトマ組んだ後、満充電の電池を装着し、パフ直後に電池を直ぐに取り出し、握ってみて温度を確かめる
 ・テクニカルMODの場合、使用出力で限界時間(10秒?)までパフってみて、電池を直ぐに取り出し、握ってみて温度を確かめる

あたりかなと。
もちろん、握れなくなるくらい電池が発熱している場合は、もうNG!、危ないのでその電池は即人気の無い所にぶん投げて、神に祈りましょう。
握った時、あたたかみを感じるようであれば、少なくとも人肌より熱くなってる、ということです。
電池は60度以内で使うこと、と、例えばVTCシリーズでは記載されていますが、電池の負荷を考えると、そもそも「人肌以上=40度程度」に1パフでいっちゃってるような使い方は、個人的にはお勧めできません。

特に攻め込んだビルドをする場合や、怪しい電池を使う場合は、抵抗値や放電レートだけでは無く、温度にも気を使って、安全な電子タバコを、楽しんで下さいな。

以上です。 

参考資料:
 ・リチウムイオン電池に係る危険物施設の安全対策のあり方に関する検討報告書
 ・炭酸ジエチル - Wikipedia
 ・ノート PC の認識しないバッテリーを分解 - 8570w blog
 

高出力テクニカルMODの、危ないお話

こんにちは。

さて今回は。
「高出力なテクニカルMOD」と、「リチウムイオン電池」に関する。
ちょっと危ないお話を。

この記事の、続きです。
 リチウムイオン電池の、種類と放電レートによる制限について 

さて。

「高出力なテクニカルMOD」とは。
ぶっちゃけ、こいつらです。
eleaf-istick-pico-75w-desc01
ちっこくて、18650使えて、USB充電にも対応してて、ベントホールもしっかりしてて、そして何より75Wという余裕ある出力!。
オイラも3つ持っている、e-leaf iStick Pico さんとか。
まああとはEVIC VTCとか。

目安として、「40Wを超える出力のシングル18650MOD」です。

こいつらのどこに危なさがあるか。
それは、「高出力時に、リチウムイオン電池に対して要求する、電流の大きさ」です。

計算式は、以下のとおりになります。
電力(W) = 電圧(V) x 電流 (A) x 効率
ひっくり返すと、
電流(A) = 電力(W) ÷ 電圧(V) ÷ 効率
となります。

効率に関しては、オイラが調べた限りは、こんな感じです。
dna60_08
高出力なほど、効率は下がる傾向にあることが分かると思います。
データが公表されていない、iStick pico のような場合は、オイラは「80%」くらいを想定すると良いかと思っています。

さてでは実際に計算してみましょう。

例えば75W時。
3.6Vのリチウムイオン電池に対して。
効率80%で電流を要求する場合。

電流(A) = 電力(W) ÷ 電圧(V) ÷ 効率
なので、
電流(A) = 75 ÷ 3.6 ÷ 0.8
電流(A) = 26

26A、となります。

但し、上記の計算式、電圧(V)で割っているので。
リチウムイオン電池の電圧が下がるほど、要求される電流量は増大します。
例えば、DNA75のカットオフ電圧である、「2.75V」の場合:

電流(A) = 75 ÷ 2.75 ÷ 0.8
電流(A) = 34

34A、となります。

オイラは元電気屋なので、データシートを信頼する前提で書いてしまいますが。
例えばソニーのVTCシリーズの場合、定格30Aではありますが、パルス時は
bat14
放電許容時間が規定されており、パルス時定格は守れそうな感じです。

が、サムスン電池の場合、
bat17
定格を超える放電許容時間は、サムスンと協議してね、と書かれてたりします。

まあでも、海外の電子タバコフォーラムなどを覗いてみると、US18650VTC5は30A放電が「Danger」扱いされてたりするので。
なかなかこのへん、ふわっとした世界かなと。

なので、オイラのお勧めは、「放電レートが20A以上のものは、20Aまで、放電レートが20A以下のものは、その数字まで」が、とりあえず安全に使えるところじゃないかな、と。
 *もちろんオイラの感覚ではあります。

これを、iStick picoの、推定カットオフ電圧に置き換えると:

電力(W) = 電圧(V) x 電流 (A) x 効率

なので、

電力(W) = 2.75 x 20 x 0.8
電力(W) = 44

44W程度までなら、比較的安全に使えそうな感じかなと。
・・・なんかDNA40が「40」な理由が、みえてきそうな感じです。

で、特に注意が必要なところ!。
例えば温度管理。
iStick picoの温度管理は、標準では「75Wで炊く→指定温度になったら電力下げる」的な動きをします。
この「75Wで炊く」部分は、設定にて変更可能ですが、初期値は「75W」です。
75W時は、最大で34Aとか電流を電池に要求するので、結構危ない所。
なのですが、、、特に設定変更を知らずに使ってしまう初心者とか、危ないこと分からず使ってしまうケースがあるかと、、、。

実際、まあ・・・。
歴史的経緯から見ると。
2014年あたりに、30Wとか出せる基板が登場し。
2015年初頭あたりから、上記20Aの限界ぽい、「40W」基板が登場。 
実際にメカニカルMODや、リアルな知見が蓄積され、本来であればメーカー協議が必要な「パルス放電の余裕」のふわっとした限界が見えてきて。
その限界な電流量に挑戦してるのが、今出ている「75W対応MOD/基板」なのかなと。
実際に75Wで引っ張って、ある程度の安全性に対する実績があるからこそ、各社75W対応MODを出しているのだとは推測出来ますが、リチウムイオン電池の定格的な安全性を逸脱している行為であることには、変わりがありません。

個人的には、目安として、18650シングルなテクニカルMODは、いわゆるハイレートな電子タバコ対応電池を使用する場合でも、「40W以下」での運用をお勧めします。
また、温度管理時でも、「最大40W以下」になるように、設定を組むのが、安全なのかなと。
もちろん、使用する電池は、「最低20A、出来ればそれ以上」のもので。
どのみち75Wなどの高電力運用は、電池にかなり負担を掛けます。
特にお店で初心者向けに売る場合、このへん念を押さないと危ない気もしています。
セットとして売る場合、セット電池の定格にも気を配る必要があるかと。

以上、ちょっとだいぶアレな、テクニカルMODと電池に関する、追記なお話でした。 

安全喚起:電子タバコを、より深く知るために

こんにちは。eucalyptus.です。

さて今回は。
まあBlogの記事も増えてきて。
電子タバコ/Vapeに関する、質問などを受ける機会も多くなってきたので。
このへんで、主に「安全」や「あまり皆様が触れたがらない事柄」について。
Blogの記事ポインタも含め、紹介していきたいと思います。

まず前提。
ele_sho
電子タバコは、「電気を使う」、「新しい嗜好品」です。
現状、 特に電気安全性に関する規制は、ほぼありません。
お店で買った初心者用のセット系な製品を含め、「電子工作キットを自分で作って使っている」感覚を。
持つことを強くお勧めします。
更に、使っている電池や電流は、「かなり危険」なものを、「かなり危険」な使い方をしていること、くれぐれも忘れないようにして下さい。
現状、爆発しようが、死亡しようが、守ってくれる法律はありません。
責任転嫁も難しいです。


そもそもの規制や規格の状況、そもそもリチウムイオン電池の仕組みなどは、以下をご参照下さい。

anzen3

電子タバコと規制のお話
テクニカルMODと、安全のお話
でんちの、あんぜんな、おはなし
リチウムイオン電池の、危ないお話
http://ecig.eucaly.net/archives/1389104.html

安全性担保のために、特にセット品を使わないユーザーさんは、最低限「テスター」などのチェック用の工具を揃えること、使えるようにすることが必要かと思います。
 *ここで言う「テスター」は、「Ωテスター」ではありませんよ!。
また、電気や部材の知識も必要です。
特に手作り品が多い、いわゆる「ハイエンドMOD」の場合、 モッダーさんが「ちゃんと理解して」作っている保証はありません。
例えば絶縁や配線の太さなど、確認しつつ使用するのが安全性担保の第一歩です。
「動くからいいや」は、事故のもと。
ちゃんと確認して、使って下さいな。

Blogではこのへんあまり触れてませんが、例えばこんな記事があります。

anzen4

電子タバコと、電線の太さについて
ハイエンドより、多様性
ハイブリッドは危険です
MODショート確認JIGの作製
http://ecig.eucaly.net/archives/845842.html

電子タバコの根幹の一つ、電池に関するお話。
anzen5

電子タバコは、強い電流を必要とするため、リチウムイオン電池の使用が一般的です。
が、この電池、かなり危ないです。
普通のマンガン電池やアルカリ電池のように、ラフに扱うことはできません。
また日本では、「リチウムイオン電池が裸のまま流通すること」を前提に、法規制がなされてないので、危ない状態が簡単に流通してしまっているのが現状です。
リチウムイオン電池の仕組みや安全性、使用については、以下の記事が参考になるかと思います。

でんちの、あんぜんな、おはなし
リチウムイオン電池の、危ないお話
リチウムポリマー、危ないの?
メカニカルMOD動画の、補足解説

そうそう、記事では余り触れていませんが。
「ICRはダメ、IMRならOK!」は本質的なお話ではないとオイラは考えています。
現状、ユーザーは電池の素性だけで、「電子タバコに使えるかどうか」を安易に判断すべきではないと思っています。
なにせ電池屋さんの、使用の想定外な使われ方ですから、、、。
なので、実績ベースで、電池は選ばないとダメな感じです。
 *理想は、きちんとデータシートを入手して、自分で判断すること!、ですが、電池のデータシートは、ほぼ公開されておりません。
電池を入手する際は、電子タバコ/Vapeに精通したお店で、電子タバコに使えるかどうか、電池の取り扱いについて留意事項があるか、確認の上入手することが、肝要です。

次に、メカニカルMODでの電気の流れ方とか。
メカニカルMODは、一見単純ですが、単純故に事故に直結します。
ショートはもちろん、複数の電池を使った場合の危なさ、メンテナンスなど、ケアしなければならない事項は沢山あると、オイラは認識しています。
一部ではありますが、BlogにメカニカルMODの内部で何が起こっているのか、解説記事があります。
ご参考にどうぞです。

anzen2

バッテリーパラレル運用時のシミュレーション
追伸:シリよりパラのほうが危ないと思うんだ
バッテリーシリーズ運用時のシミュレーション
パラレルMODは、「強い」のか
http://ecig.eucaly.net/archives/5984664.html


基板が入ってて、液晶画面とかあって、いろいろ調整できる、テクニカルMOD。
便利な存在ではありますが、これもただ漫然と使ってしまうと、事故に直結します。
仕組みを十分理解した上で、使うことをお勧めします。
Blogにも、いくつか記事を載っけてます。
anzen1

 テクニカルMODの、簡単なしくみ
テクニカルMODと、安全のお話
テクニカルMOD基板のバッテリー回りの構造と、安全性担保の例
http://ecig.eucaly.net/archives/2184772.html
テクニカルMODの、出力上限について
テクニカルMODの、USBによる充電について
http://ecig.eucaly.net/archives/4544471.html
 
FET搭載MODってどうだろう?
http://ecig.eucaly.net/archives/2939927.html

温度管理やコイルビルドなども、一応いくつか記事があります。
ご参考にどうぞ。
discharge
電子タバコと、バッテリーの持ち
温度管理の実装について

以上、なんか脅しに近いようなまとめになってしまいましたが。
まあ仕方ないと考えてます。
だって電子タバコ、危ないもん!
くれぐれも、ご安全に!。 

以上です。 

パラレルMODは、「強い」のか

こんにちは。

さて今回は。
巷で言われている、「パラレルMODは強い!」、が、ほんとのところはどうなのか。
シミュレーションしてみたいと思います。

パラレルMODとは、電池並列に入れるタイプのMODね。
更に今回は、メカニカルMODを想定します。
例えば、、、市販品では。
99136293_o1
こんなんね。
 *画像はVSCmod REVOLUTION WOOD MOD by MRN から借りてます。

さてではやっていきましょう。

シミュレーション条件:
 ソフトウェア:TI TINA9 
 使用電池:SONY US18650VTC4
 アトマイザーコイル:理想抵抗(温度で抵抗値が変化しない)

電池は、理想電池であれば、どんな負荷かけても一定の電圧を出し、電池自体は黙って仕事をするのですが。
現実は違います。
電池には必ず、「内部抵抗」というモノが存在し、まあ負荷に応じて電圧下がったりとか、発熱したりとか、するのです。
リチウムイオン電池は、この内部抵抗が低いため、大電流を取り出せるのです。
例えばまあ、普通のマンガン電池が大体0.1Ω~0.2Ωくらい。
リチウムイオン電池は、0.01Ω~ て感じです。

電池の内部抵抗は、温度や容量、へたれ具合などで変わってきますが。
まあ新鮮な状態での代表値が、仕様書に載っています。
US18650VTC4の内部抵抗は、以下な感じです。
batpara3

ふむ、最悪値で15mΩみたいですね。

ちなみに、内部抵抗は、電池の構造によって変わってきます。
同じソニーでも、多分VTC3、VTC5では内部抵抗の値が違うはずです。
また前述しましたが、電池の新鮮さや残容量によっても変化します。
なのであくまで、以下シミュレーションは、「US18650VTC4のデータシート上の値」ベースであり、全ての状況に当てはまる数字ではありません!、ご留意を!。



それでは早速、電池電圧3.6V設定、アトマイザーコイル0.5Ω時の、シングルとパラレルの状況を見てみましょう。

シングル:
batpara2

パラレル:
batpara1

V1とV2が電池、R1がアトマイザーコイル。
AM1とAM2が、それぞれの電池から流れる電流。
VF1がアトマイザーコイルにかかっている電圧。
PM1がアトマイザーコイルにかかっている電力です。

まあ分かりやすく、電圧と電力で見てみますと。
0.5Ω時:
 シングル:3.50V 24.43W
 パラレル:3.55V 25.16W

となります。
0.5Ω時では約0.7W、パラレルの方が出力が大きいことが分かります。
でも0.7W、、、25W領域で、テクニカルMODでこの味わいの違いが分かりますでしょうか?。
んー、微妙ですよねえ・・・。

しかしながら、まあ頭のネジがぶっとんだ人が行う変態ビルドの場合、様相は一変します。

アトマイザーコイル抵抗値を、0.1Ωまで下げてみましょう。

シングル:
batpara5

パラレル:
batpara4

 
結果はこんな感じです。
0.1Ω時:
 シングル:3.13V 98.00W
 パラレル:3.35V 112.15W

その差、実に14W強!。
ここまで差がつくと、まあ「パラレルだと強い」が実感できると思います。

ちなみにシングル時、電池からは「31.3A」も電流が出ちゃってます。
一応US18650VTC4の放電許容時間は・・・
batpara6
てな感じなので、イケないことは無いですが、全くもってお勧めはしません。
もちろんパラレル時もMOD内や510スレッド部、アトマイザーには30A以上の電流が掛かるので、まあ極めて危ないですよ!。

まあ、まとめますと:
 ・0.5Ω程度のビルドでは、別に「パラレルMODの強さ」 は、あんま変わらない
 ・0.1Ωとか攻めこむと、「パラレルMODの強さ」が、見えてくる
 ・個人的にはパラレルMODの強さが分かるような、攻めるビルドはお勧めしない!

てな感じです。

まあ、パラレルMODは。
一般的な感覚であるところの、「電池の持ちが2倍になる」程度の認識で使うことを、個人的にはお勧めします。
「強さ」を体感出来るようなビルドは、自己責任で!。

以上です。 

電子タバコについて、みんなで考えるFBグループ

12961723_1021329977945322_7420391553003225190_n

こんにちは。

さて今回は。
ちょっとオイラ的に新しいプロジェクトの、ご紹介と、ご参加のお願いです!。

電子タバコについて、特に日本では、情報リソースが不足していると感じています。
また、まだ業界的に成熟期を迎えて無く、ちょっとしたアイデアが革新を生む余地や、より使いやすくなる余地が、十分に残されていると思います。
もちろん、ガッツリした製作ノウハウや、各種基板の分析や作製など、モノ作りな立場として、出来ることがいっぱいあるな!、と。

でも、一人でやってたら、なんかつまんないし、みんなで情報を出し合って、叩き合っていけば、きっとなんか面白いことになるかな、って思っています。

で、実は。
4月くらいから、そんな検討をするFBグループを立ち上げていました。
んが、裏でコソコソやってても、状況はあまり変わらないなと。
そこで今回、FBグループを整理し、非公開ではありますが、広く参加者を募ってみようと考えています。

みんなで、たのしく、かんがえる。

もしご賛同頂けるのであれば、FBグループ「HOWIT」まで!。
 URL : https://www.facebook.com/groups/1581449392166389/

FBやってない方、申し訳ない。
Blogだの2chだのも考えましたし、独自にフォーラムも考えましたが、ある程度人が見えて気軽にやりとりでき、情報の散逸が緩やかなFBが現状いいかなと思っています。

コレを機に、FB始めちゃってもいいのよ?、このグループ限定でもいいから!。

なお、扱う情報は、軽いアイデアレベルでも全然構いません。
ちょっとこう、ここなんとかならない?、みたいな日常のお話でも、全然OKです!。
電子タバコに分野は限定させて頂きますが、メカ、電気、ソフト、アトマ、リキッド、ビルド、素材、仕組み、なんでもござれです!。
有用な議論があり、それがステキな展開を迎えた場合、了承を得たうえで、Blogなどでご紹介することも考えております。
何かオリジナルなこと考えて、形にして、その結果だけを投稿も全然構いません!。
出来れば経緯などを後で書いて頂けると、楽しめますけど。。。
メンバー同士、繋がってコラボとかもステキですよね!。

参加ですが、非公開グループなので、参加したい方で、中の人とお知り合いではない場合、私か、管理サイドの「クリスベイプ三世」か「駆サーティーン」までフレンド申請をお願いします。
もちろん既にグループに入っている方からの参加申請もOKです。

以上、よろしくお願いします。
プロフィール

eucalyptus.

電子タバコ関連を、適当にまとめています。
リンクなどご自由に。
各記事の正確性は、イマイチ怪しいです、丸ごと信じちゃいけません!。

連絡などは、Facebookでどうぞです!。
facebook.com/eucalyhome
一応Twitterも始めてみました。
twitter.com/eucalyecig

eucalyptus. [ ゆうかり ].
On eucaly.net


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ