電タバ関連つらつらと・・・

電子タバコとか、VAPEとか言われているアイツについて、適当に書いていく、そんなBlogです。

Evolv DNA

DNA情報パネルの作製

こんにちは、お久しぶりです。
いやあ、時間がなかなかとれず、めっきりなーんもしてない的な・・・。

さて今回は。

Evolv DNAを、パソコンにつないで、なんかやらかしてみようとか、やっていきたいと思います。

えぇ、、、こんなんね。
DSC03465

*今回作ってみたのを、3月18日、日曜日に、M5+に持っていってみます。
 もしご興味があれば、どうぞですー。

さて。

キッカケは、以下のフォーラムの記事でした。
Image4

URL : https://forum.evolvapor.com/topic/66142-serial-command-line-interface-list-of-commands-and-is-it-a-complete-interface-for-controlling-100-of-dna-200-functions-and-the-basis-of-escribe/
Further, it appears the host-to-DNA communication is a generic serial interface, wrapped in USB-to-serial」
あら、一般的なUSBシリアルドライバで、DNAシリーズ、動かせそうね?

試しに、手持ちのラズパイで試してみると・・・。

Image3
ばっちり繋がるではないですか。
これは、遊べそうな予感!。

しっかりコマンド一覧も用意されており、まあ、USB経由で、DNAの各種情報を引っ張ってこれそうな感じです。

Image5
URL : 
https://github.com/hobbyquaker/dna-commands

使用機材は、5mmピッチの64x32のフルカラーLEDパネルが2枚、AdafruitのMATRIX HAT、赤外線受光部、及びRaspberry PI3です。

ま、こんなんね。
DSC03464


マトリクスLEDのライブラリは、C++で書かれており、まあバインディングはPython用が用意されとります。
いつもならPerlあたりで誤魔化すのですが、今回はお勉強も兼ねて、また高速動作担保の為、Pythonと格闘してみることにしました、はじめてのぱいそん。

DNAとの通信部分を作ってみて・・・。
Image1
いやあ、、、コマンド応答型のシリアル通信は、なかなかクセがあるよねえ、、、。

んで、表示部をだらだらーーーーと。
Image2

制御周りは、赤外線リモコンを使うことに。
別件で知見のある、Apple Remoteを使うことにしてみましたとさ。

まあ、組み込み系のマイコンと違い、ラズパイさんは、立派なパソコンです。
なので、重苦しい処理も、サクッと動いてくれちゃいます。

LED画面の解像度が、128x32と、まあよく見かけるサイズなので、なんというか見慣れた画面で、ぴこぴこ情報が動くのは、非常に楽しくてよろしいかんじ。

さて。

実装してみた内容を、紹介していきましょうか。

DNAを繋ぐと、グラフ画面に遷移します。
no title

この状態で、パフすると、まあグラフが描画されていきます。
1
グラフの内容は、現在は、電力(黄色)、温度(水色)、抵抗値(紫色)、あと時間。
グラフの最大値は、入力値の最大値になるため、ダイナミックな感じとなっておりますです、はい。

この状態から、リモコンの+/-で、機能を切り替えられます。
まあ例えば、ありがちなこんな画面とかね。
2

んじゃ、機能でも解説。

まずはグラフ機能。
グラフの時間軸は、経過時間により、切り替わっていきます。
3
4
5

で、他の機能。
グラフ状態だと、こんな情報が・・・
6

数字表示モード
7

出力の標準偏差
8

1パフ時のトータル出力
9

DNAの効率を80%としたときの、バッテリー内部抵抗予測値
a

と、切り替えられます。
まあ、データは取れているので、思いつけば画面増やせるのがいい感じです。

履歴機能も搭載。
リモコン左右で、過去10パフ分までの情報を表示。

例えば3パフ前
b

4パフ前
c

現在のパフ、と。
d

そして何故か、DNAから報告される電流と電圧をかけ合わせた値と、電力がズれていたので。
DNA報告電力と、計算電力を切り替える機能も搭載してみたりね。
f

e

以上、なかなか楽しめる感じに実装できました。
個人的にも、よーわからんかったPythonが、朧げながらも掴めて、まあ満足な感じ。

実際に使ってみると、画面がでかくて、情報量が少ないので、状況をつかみやすい感じ。
あと、デバイス本体から離れているので、パフしながら状況を掴めるという、ステキ要素もあったりしてね。
DSC03463


以上ですー。

基板を、交換してみました。

こんにちは。

さて今回は。

「壊れちゃった基板を、交換してみた」、お話です。

*注意!:
 ・基板は、「部品」扱いの為、保証は限定的です。
 ・故障原因が切り分けでき、且つ自己責任であることが明確に確認できない限り、保証は効かない
  ものとお考え下さい。

まあ、こんな感じで、ね。

DSC_1190

さて。
まあ経緯から。

DNA75Cのテーマ作っていて、「エラー時の挙動」を実装中に。

he5

「アトマつけて外すと、No AtomizerじゃなくてShort Atomizer扱いになる」挙動を確認しました。
まあ、ファームウェアのバグじゃないかな、と。

フォーラムへ投稿。

he4

偉い人からお返事があり、ファームのバグであること、まあ次のアプデで直すから!みたいな感じ。
he1

 *Google翻訳してます。
 URL: https://forum.evolvapor.com/topic/68690-dna75c-short-atomizer-error/

んでまあ、そんなもんかと、使っていたのですが。
なんかDNA75Cの様子が、おかしいのです。

・なんかずっと熱持ってる
・電池が空になる!

特に電池が空になる症状を発見したのは、池袋のRichさん。
その場でVTC4買って換装してみたのですが、症状変わらず。
なーんか、盛大にお漏らししちゃってます。

まあ、フォーラムに、再度投稿しつつ。

he3
 *ちなみにオイラは、英語の成績真っ赤な実績を持っています。
  なので、Google翻訳文書です!。

分解して。
DSC03356
 *まあ、テスト用にはアクリルMOD便利ね・・・。

分析。
DSC03353
なんちゃって安定化電源で電圧調整しつつ、電流プローブ使って、オシロで入力電圧と電流を確認しています。

正常基板もあったので、波形を確認。

DNA基板は、設定にもよりますが、通常1分程度で、「スタンバイモード」に移行します。
電源OFFにはなりませんがまあ、超低消費電流モードです。

正常基板は、こんな感じで移行します。
nm_standby
黄色が電圧、青が電流です。

異常発生基板は・・・。
tr_standby
確かにステータスはSTANDBYに移行しているのに、電流流れっぱなしです。

次に、終止電圧。
DNA基板は、「マスタースイッチ」的なFETがあり、極端な定電圧の場合、バッテリーラインをカットします。
過放電に問題のあるリチウムイオン電池を使う以上、必須な回路構成です。

正常基板は、こんな感じで動作。
nm_endv
2.75V近辺で、電流が限りなく0になります。
 *あ、DNA75Cは、eScribeで終止電圧を弄ることができますが。
   双方基板とも、終止電圧は弄っていません。

異常基板は、、、。
tr_endv
1.4V弱まで落とさないと、電流カットしません。

これはおかしいな、、、と。
まあでも論拠としては弱いなあ、、、と。

考えつつ、工具箱漁ってたら、ステキデバイス発見!。
DSC_0009
どこのご家庭にも一台はある、サーモグラフィーです。
アトマイザ温度測ってやろうと、結構高い温度までイケる奴。

なんか基板発熱してるし、どこが発熱しているのか、撮影してみました。

thermal
うおおおお!?。
100度かいってるじゃん!。
ちなみに、発熱範囲は偉く狭いので、この状況でも、基板を直接手で触っても「暖かい」程度です。
MOD搭載状態では、バッテリー充電時より冷たいかな?・・・程度。

基板写真と重ね合わせてみると、犯人が見えてきます。
th_kasane

8ピンの黒い素子が怪しそうです。
ネットを追っていくと、右上にある32KHzな水晶が繋がっているので。
まあ奴はRTC、時計っぽい感じ。
RTCであれば、常時給電前提で、マスタースイッチを通過していない系で電荷供給されている可能性もあり。
マスタースイッチが効かない状況も、説明出来そうです。

まあ材料揃ったし、フォーラムへ投稿。
hr6

結果的に、部品トラブルなので、可能性はいくつかあるかなと。
・部品不良
・回路不良
・ソフト不良
の、複合的な?。

んで、暫く待っていたら。
ファームトラブル由来であること、分析結果が上がりました。
hd2
URL: https://forum.evolvapor.com/topic/68719-dna75c-discharge-probrem/

原因は、「ショートアトマ誤認」。
これによりDDCを強制遮断後、電荷を抜かないため、パルス的に高電圧が発生しちゃって、素子壊したみたいです。

次のファームアップで治るみたいですが、まあ現状問題を抱えちゃってるので。
慌てて情報共有し。
he6


「保証の対象」なので。
じゃあ基板交換チャレンジしてみようかと。

EvolvのRMAに連絡取り。

hesaki

何度かメッセージをやり取りしました。

対応はスムーズに進み、シートが送られてきて。
DSC_1184

記入して・・・。
DSC_1185

検品と梱包して。
DSC_1186

郵便局へ!。
DSC_1193

海外発送は、いくつか方法あるみたいなのですが。
オイラ初心者なのでまあ、確実なEMSを選択。
速くてトラッキングもつくけど、送料2000円・・・。
なんか今年の7月くらいまでらしいのですが、梱包材は郵便局でタダでくれます。

情報書いて。
DSC_1190

梱包材に突っ込んで。
DSC_1191

発送、と。

暫くしたら到着したらしく、発送連絡がメールできました。
he7

なんか米国内のUSPSは遅れてるみたいですが、まあ。
he8

無事到着。
DSC03375

新品の。
DSC03376

DNA75Cになって、戻ってきました。
DSC03377

つーわけで、在庫追加、、、と。

まあ、RMA交換とか。
いい機会なので、体験してみました、そんなお話でした。

以上です。

evolv DNA60 Small Screen 現地点でのレビュー

こんにちは。

さて今回は。

一年くらい前から話だけあったけど、中々アレしてて、一部皆様をヤキモキさせていた。
「DNA60」の、「スモールスクリーン」につきまして。
出荷開始され、入手可能になってるっぽいので。
まあ、レビューしてみたいと思います。

こんなんね。
DSC03360

さてまあ。
そもそもの、歴史的経緯から。

Evolv社の「VW MOD」は、どうやら、「Darwin」という機種から始まっているみたいです。
こんなんね。
d1

当時はまだ、自発光式の「OLED」を使わず、反射型液晶「LCD」を使っていたみたい。
そしてまだ、「基板」ではなく「製品」形態ですね。

いわゆる「DNA」基板、これは最初から「OLED」っぽいです。
が、当初は現在主流の「128x32」ではなく、「96x16」のOLEDを、そしてコネクタではなく、基板に直接ハンダ付けされていました。
d2

でもこの方式、OLEDを割ったりすると、基板ごと交換となり、まあコスト的な面と、あと基板外さなきゃいけない面倒臭さ的な要素もあり。

DNA40の途中から「ラージスクリーン」、つまり、「128x32」な表示画面が登場してきた、と。

d3

なのでDNA40搭載MODには、「ラージスクリーン」と、「スモールスクリーン」があるのです。
「スモールスクリーン」は、画面が小さい分、MODのデザインによっては調和が取れること、またEvolvがスモールスクリーンも生産を続けたことから、「スモールスクリーン」搭載MODは、まあ結構出回りました。

で、DNA60。
DNA40の後継として登場したものの、「ラージスクリーン」は登場するも、「スモールスクリーン」は、なかなか登場しませんでした。

DNA40スモールスクリーン搭載MODにラージスクリーンをくっつけてしまうと、まあ中削ったり表示切れたりして、多少アレな事態となっておりました。

アレな例:
DSC02615

まあでもようやく。
出てきたのですよ、と。

ではまあ、レビューしていきましょう。

まず箱。
DSC03371

SmallScreenであることが、ちゃんと書かれています。

中身は・・・。
DSC03359
実体は、「コネクタ付きのスモールスクリーン同梱の、DNA60」です。
基板部分はDNA60ラージスクリーンと同一で、スクリーンのみ違います。
コネクタによる接続のため、スモールスクリーン単体での交換にも、対応している感じ。

まあ、基板部分は、こんな感じ。
DSC03361

DDC面。
DSC03362

USB基板もまあ、DNA60そのまんま。
DSC03364

サイズ感比較、DNA30とは、こんな感じです。
DSC03365

特にUP/DOWNスイッチの高さが違うので、ここは留意点かな。
DSC03366

ウチにはDNA40スモールスクリーン、某コスコスな方から貰ったZero改造品しかないのでアレですが。
一応比較はこんな感じ。
DSC03367
こう見ると、OLEDフレキ、ピッチが細かくなってる印象です。

あ、フレキ長さは、多少DNA60のほうが長いです。
DSC03368
まあ、許容範囲かなと。

OLED単体は、こんな感じ。
DSC03369

裏。
DSC03370
一部配線が、フレキ内で、テレンコしています。
トラブル拾わなければいいけど、、、どうなんでしょうね。

まあ、USB部分は、接続しなくても動作します。
DSC03372

OLEDは白色。
DSC03374
明るすぎる印象ですが、eScribeで明るさは調整可能です。
まあDNA40スモールスクリーンなどとは違い、「青色」ではないです。

テーマも適用できますが、「96x16」な画像が必要です。
Image2

まあ、こんな感じです。

が、こいつはDNA60。
eScribe、つまりUSBを繋がないと、機能制限を受けてしまいます。
・・・画面回転すら、できなかったりして・・・。

何故かは知りませんが、特にハイエンドMODは、「USB端子なんてもってのほか」文化があります。
・・・大変ぶっちゃけ、USBによる充電はトラブるとか全部後付で、木を削る系のMOD、USB端子固定がひっじょーにめんどーだからやらかしてないだけでは?、と個人的は邪推しちゃったりしてますが・・・。

特にスモールスクリーンの場合、DNA60基板自体はラージスクリーンのと同一で。
かるラージスクリーン用ファームが書かれたDNA60基板では、スモールスクリーンだと正常表示が出来なくなるみたいです。
内部的にはI2C接続で、同じOLED制御IC(SSD1306)なので、正常表示が出来ないだけで、壊れることは多分ありませんが。
まあ実用には耐えられません。

んで、ロットによっては、ラージスクリーン用ファームが書かれたDNA60が混ざっている場合があるらしく・・・。
「USB接続し、ファーム確認せず」いきなり基板をUSBが無いタイプのMODに組み込むのは、絶対ご法度です。

フォーラムのこのへんでも、話題になっていたりします。
d4
 URL:https://forum.evolvapor.com/topic/68716-dna-60-small-screen-display/

また、ファームアップやテーマ適用、温度管理素材の編集など、USB接続したいケースがある気がします。
まあ、なので。
このへんも整理してみようかと。

まずUSBですが、充電しないのであれば、EvolvのUSB基板を使う必要ありません。
Image13

一般的な端子はこんな並びで。

Image12
DNA60の11-15ピンに、接続してやればいいのです。
但し!。
*汎用USBを使用するときは、バッテリーは必ず接続しないこと!、DNA60は、USB基板側にUSB充電管理ICが載っていること前提の設計で、USB +とBAT +が直結しています!。
*15ピンには、USB +を10Kオームの抵抗を介して接続して上げて下さいな。
  ここに電圧がかかることで、DNA60は、USB接続のハンドシェイクを開始します。

USB用の11-15ピンは、データシートによると、「0.08インチピッチ」、つまり、「約2mmピッチ」です。

JSTなら、PHコネクタが。

Image17
 URL:https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=8DK2-SDDC

ピンヘッダなら、2mmピッチのものが適合します。
Image15
 URL:http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-03867/

どっちも土地がある程度必要ですが、少なくともバッテリー端子とは、あまり干渉せずマウントできそうです。

Image11

但し!、DNA60のCPU面は、ここにでかでかと「OLEDフレキ」が鎮座するので。
CPU面にコネクタ生やすのは、ご法度です。

なお、2mmピッチのピンヘッダを使用する場合は、DNA60のスルーホールは、内部メッキがされているので、挿入してテンションを軽くかけるだけで、ハンダづけすることなく、USB接続が可能です。

まあ、オキニのMODの、基板がぶっこわれても。
リプレイスできるのは、オイラはとても、ステキなことだと思います。
もちろん、「60W」なので。
DNA30や40搭載のMODが、大電流に対応している構造かどうか、占うことが必須ですが。

他にもUSB回りだったり、フレキコネクタ回りだったり、スイッチ回りだったり。
多少弄る必要があるかもですが、それでも。
「換装する価値」は、そして「オキニのMODが進化する喜び」は。
代えがたいモノ、である気もしていたりね。

まあ、ウデに自信があるのなら、試してみても、いいかも知れません。

以上です。

DNA75c テーマデザイナー

こんにちは。

さて今回は。
DNA75cのテーマにつきまして。
まあ、最低限やりくちがわかった感じで・・・。
適当に!。

1.素材的な
まあ、ファミコンあたりから持ってくるのが、ラクですねえ・・・。

Image9

切り貼りして、ぽちぽちとね。
Image20

あ、頑張ってみましたが、アニメーションは難しそうです。
Image28
APNGには、対応してないぽいです、現状。

フィールドは、様々な値がセットできます。

Image64

で、Condition設定を行うと、例えば「温度管理のときにはHidden」とか設定できます。
Image73
これやらないと、要素重ねられません。

フォントは、PCにセットアップされているものが使えますが。
Image75
上のほうに固まってるのが、どうやら組み込みフォントのようです。
画面と実機では、フォントレンダリングがずれるので、組み込み使うのがいいかも。

まあ、、、とりあえず2こ、作ってみました。
超怒られそうなので、なんかあったら、アレします。


Image70
  http://kei.eucaly.net/dna200/dna75c/dqtheme.ecigtheme


Image21
  http://kei.eucaly.net/dna200/dna75c/kirbytheme.ecigtheme

Image20

  http://kei.eucaly.net/dna200/dna75c/chadtheme.ecigtheme
  http://kei.eucaly.net/dna200/dna75c/crimesyndicate.ttf

まあ、、、その、、、ねえ、、、。

DNA75Cを組んでみました

こんにちは。

さて、今回は。
前回勢いで発注した基板が届きましたので。
まあ、見ていこうと思いますです。

結局まあこうなるよね。
DSC03338
なのでまあ、「組んでみていろいろ様子を見てみよう」な感じで。


さて。

パッケージは、いつものアレです。
DSC03311

中は、DNA75後期、及びDNA60と同じ感じの静電スポンジで。
DSC03345

ただし、LCDの切り込みは、長くなってるみたい。

基板はこんな感じで。
DSC03350

LCDはこんな感じ。
DSC03349

DNA75と並べてみましょうか。
DSC03312

こんな。
DSC03314

感じです。
DSC03315

違いは・・・。
DSC03316

・板厚、大きさは、ほぼ同一
・ネジ穴位置、及びネジ回りのTPも、ほぼ同一
・CPU面パフボタン、USB、LED位置、ほぼ同一
・DDC面アトマイザーTP、バッテリーTP、インダクタ位置、ほぼ同一

・DNA75Cは、多分LCDマウンター用途の切り欠きが4箇所ある
・UP/DOWN/SELECTスイッチ位置は違う、スイッチ自体は同じっぽい
 ・配線引き出しはほぼ同一位置だが、U/D/Sスイッチの配線のやりざまは違うっぽい
・CPU面、「でかいL」がLCD下面に潜る構造
 ・DNA75は「でかいL」がOLED脇に逃げていたけど、ここ違うよ!、注意
・CPU面、フレキコネクタがオフセットしている
・DDC面、DDC用FETが位置は同一だが品番異なるっぽい、下面電極品になってる
・DDC面、コンデンサ位置が違う、出力側コンデンサは数も違う、使われているコンデンサは双方3216

てな感じかな。

LCDとOLEDも比べてみましょうか。
DSC03317
LCDはOLEDに比べ、横に短く、縦に長い感じです。
フレキを含めた全長は、ほぼ一緒な感じ。

・・・まあなので。
DNA75用のマウンタは、逃げが少ない構造だと、嵌合しません。
DSC03318

まあ、もちょっと詳しく調べてみましょうか。

ちなみにまだデータシートとか無いので、、、。
ノギスでてきとーに測ってみたり。
測定顕微鏡ほしいな・・・。

LCDは型番から、多分これと表示面は同一かなと。

lcd1
フレキピッチとか違うけどね。

LCDの表示面は、OLEDと違って、ド真ん中みたいです。

lcd2

測定とLCDデータを踏まえて。
まあ、こんな感じ。

meas1
LCDの横方向、かなりキツキツです。
組み込み注意!て感じですね・・・。
マウンタ用?の切り込みは、省略してあります。

DNA75との比較は、こんな感じになりますよん。

meas3

表示面が、上方向にオフセットするのですね。
あと、USBとスイッチの位置関係が、かなり近づいています。
オサレスイッチ被せる場合は、注意が必要かもね。


まあ、データができたので、DNA75のMODデータを調整してみて。

mod1

出力!。
DSC03319

何度か位置を合わせてみて、なんとか納まりました。
DSC03321

CPU側を全面で抑える構造のマウンタを作製する場合は、USB、スイッチ、LCDを繋げて切り欠いてしまうのが、いいのかも知れません。
DSC03333
・・・そーいや、LCDの表示面オフセットが無いので、ネジ穴考慮しなければ、CPU面は線対称ですね。

裏面はこんな感じ。
DSC03322
コンデンサ位置が違ったり、FET違ったりしますが、インダクタを除くと、一番高い部品は相変わらず「コンデンサ」です。

配線用意して、配線!。
DSC03323
やらかしてみて分かりましたが。
DNA75でも結構熱が逃げてた、「アトマ側GND」は。
より、熱が逃げるみたいです。
多分コンデンサが増えてるのが原因かな・・・。
ハンダ乗りづらいので、注意。

あと、全体的に防水塗装が掛かってるようで。
ハンダ時、多少異臭がします。
DNA60と違い、TPの面積がデカいので、気になるのかもね。

フレキコネクタは、バックラッシュタイプ。
DSC03324

但し、OLEDよりもLCD部のフレキが厚いっぽく、多少入れづらいです。
ここまで入れないとだめよ。
DSC03326

LCDは、バックライト配線があり、一部フレキが二重になっています。
DSC03331
上の方の「K」「A」って書いてあるあたりね。
ここ、ハンダでフレキ同士が接続されているので、折り曲げ時にテンションかけないように注意。

まあ・・・、LCD、デカいね・・・。
DSC03332

で、LCDのフレキが厚くてデカいので。
DSC03334
納まりが結構やばい感じです。
Σ型にフレキを折ったりはできなさそうなので、まあご留意を。

また、OLEDに比べ、表示部が小さいので、相対的にフレキが長いです。
LCDを上にあげてしまうと、パフボタンに引っ掛かります。
UPスイッチギリくらいまで下げるのが正解みたい。
DSC03335

まあ、他はあまり、変わらないかな?。
全体的な納まりは、DNA75と変わらないみたいです。
DSC03337

DNA75に比べ、下部スイッチの処理が難しそう、あとやっぱ表示部が上にオフセットしてるねえ。
DSC03341

全体的なバランス感は、相当詰まってる、感じ。
DSC03339
DNA75が「パフ」「表示+スイッチ」「USB」の3つに分かれてる感じに対して。
DNA75Cは、「パフ」「あと全部!」みたいな感じです。

フレキがデカいので、LEDは、この組み方だと、あまり主張しません。

DSC03342
もしLEDを活かしたい場合は、導光板的な処理が必要かも知れません。

まあ、実際組んでみて、DNA75よりキツキツかなと、そして基板側スイッチを活かす構造だと、処理が悩ましいかもな、な印象です。
そこさえ乗り越え、フロント部の処理さえなんとかなれば、DNA75なMODを、DNA75Cへ流用することは、そんなに難しくなさげ。

以上です。

まあ、使ってみますよ。

DSC03338
プロフィール

eucalyptus.

電子タバコ関連を、適当にまとめています。
リンクなどご自由に。
各記事の正確性は、イマイチ怪しいです、丸ごと信じちゃいけません!。

連絡などは、Facebookでどうぞです!。
facebook.com/eucalyhome
一応Twitterも始めてみました。
twitter.com/eucalyecig

eucalyptus. [ ゆうかり ].
On eucaly.net


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ